ブログ

日本でも増えつつある“年俸制”のメリット・デメリットについての私の体験ストーリー。

プロスポーツ選手たちの多くは
年俸制ですよね。

よくメディアで

「今期の年俸推定3億円」

「年俸の交渉に赴く」とか見ます。

日本でもグローバル化にともない
年俸制も増えてきているようです。

実は私もシドニーで5年間、
編集者として働いていたときは年俸制でした。

会社員は年俸制。

年俸3万5000ドル。
そう言われてもピンとこない状況でした。
(実際には一気に払われるのではなく
12分割されて毎月、月給制みたいな感じではありました)

しかし、働いてみて
年俸制はいい!と思ったことがあります。

それは、契約更改のときに
自分アピールができることでした。

私が勤めていた会社では
1年ごとに契約更改(つまり年俸交渉)
がありました。

この1年間、どういう仕事をして
会社に貢献してきたかを
伝えるチャンスが与えられていたのです。

それを思うと、この契約更改のときに向けて
頑張れるというか、
やはりそこを意識していました。

なぜか?というと、
昇給額が日本のそれと比べると
大きく違ったからです。

例えば日本だと年に1万~2万ぐらいの
昇給というところ、
年に5000ドル(50万円ぐらい?)
アップするというのもよくある話だったので。

どれだけ自分のアピールと
翌年への期待を込めての交渉できるかどうか
日本ではしたこともない交渉を
私なりにしていました。

今思えば、そのために毎年自分の仕事の
棚卸をしていたようなものです。

自分の成果もですが
それが会社にとってどれだけ
利益をもたらしたか…ということまでは
日本では考えたことなどなかったです。

契約更改で折り合いがつかなければ
別の会社へと移るし、
ヘッドハンティングなどは普通。

「同じ会社でずっと働いている=
仕事ができない」と思われがちな風潮。

私、個人としては
この“年俸制”はよいシステムだと思います。

モチベーションが上がりますから。

もちろんメリットだけではなく
デメリットもあります。

例えばここ数か月かなりの結果を
残したとしても
すぐに反映されず
翌年に反映されるということ。

そして、もちろん、成果を残せなければ
年俸ダウンもあるということ。

年俸が下がらないかどうか
ハラハラしていた当時の私(笑)

そして、今となっては年俸制に関係のない
ワーキングスタイルの櫻木よしこが
ちょい真面目な記事をお届けしました。

◆“LINE公式アカウント”をやっています。
ここからの各種、問合せもOKです!

【櫻木よしこの新サービス!】

あなたの強みをお伝えします!
【オンラインサービス】
あなたの自宅でブランディング応援セッション by ZOOM

【講座・セッション情報】

鹿児島市開催

2019年8月31日(土)
『占い師×編集者の切れ味抜群なお話会@鹿児島 』
https://amba.to/2NkpTfQ

2019年9月18日(水
『今すぐ動ける!ブランディングの基礎
W講座@鹿児島(ブランディング&メイク)開催』
https://bit.ly/30uM5Wl

2019年10月28日(月)
『コスプレハロウィーンParty@鹿児島』
https://bit.ly/2OGOz2M

東京開催

◆2019年10月15日(火
あなたのブログスピード診断&
ブランディング応援セッションで出展!
@私たちの仕事ミニ見本市
https://bit.ly/2OC7fRg
以下のイベント内に出展!

◆2019年10月16日(水)午前中
編集者が大切なポイントを伝える
『読まれるブログの書き方講座@渋谷』
https://bit.ly/31t6hIS

◆2019年10月16日(水)午後
『まだまだ何かできるはず!
50代の“リスタート”お話会@東京』
https://bit.ly/2MnrFL3

◆講座やセッションの
開催リクエストを希望される方へ

※上記都市以外で開催を希望される方は
お気軽にお問い合わせください。
こちら

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

個人起業コンサルタント、編集者、上級終活カウンセラー。鹿児島市在住。
・最初の一歩が踏み出せない。 ・自分の強みがわからない。 ・ブログ記事に自信がない。 そういう悩みを抱える方をサポートしています。
編集者として培った「他者目線で売れるポイントを見ぬく」スキルをいかし、個人向けのブランディングコンサルティングやブログ講座、ブランディング講座を各地で開催(コンサルティングはオンラインでも実施中)。
個人起業家に役立つ集客ツール“セルフマガジン”制作もデザイナーと組んで制作を請け負う。
一方、人生の後半を有意義に過ごしたい、家族に迷惑をかけずに終焉を迎えたい方や、そういう方々をサポートする地方自治体や新聞社、葬儀社等に向けて、“終活の案内人”として講演・講座・執筆活動も行っている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る