ブログ

【接客あるある】話しかけられないほうが購入率がアップすると思うのは私だけ?

例えば、洋服や靴を買うために
お店に入ったとします。

入って商品を見始めた途端
「何かお探しですか?」と
声をかけてくる店員がいますよね。

それをされると
商品をゆっくり見る気持ちが
失せてしまうのは私だけでしょうか?

そして近づいてきて
商品についてあれこれと
語り始める店員もわりと多かったり。

こんなとき、

ゆっくり商品を見せてぇーーーーっ!

少しでいいから
ほっといてぇーーーーっ!

と叫びたくなる私です(笑)

一軒だけ、ゆっくり見たい洋服屋さんがあるのですが、
そこはもう店員2人がこぞって
マークしてくるので
早々に店を出たくなります。

店員の視線がまとわりつき
そして、いちいち話しかけてくるので
ゆっくり見ることができない。

もっというと、そのお店に
他のお客さんが入っていれば
私があまりマークされずにすむので
そういうときには入ってみようかなと
いう気になったり。

ここまで客に思わせるって
どうよ?って言いたくなる私です。

試着などしようものなら
もう大変なことになるとイメージできるので
鏡の前で商品を当ててみるにとどめているという。

これはもう客を逃す接客
としかいいようがない。

自分事で恐縮ですが
ずっと以前にアジア雑貨商品を扱う店で
働いたことがあります。
(上の写真がソレです)

そこには衣類、バッグ、靴、アクセサリー
パワーストーン、雑貨など
多種多様なものが置いてありました。

しかし、「いらっしゃいませ~」以外は
すぐに声をかけずにいました。

ゆっくりと商品を見てもらうために
その間、私も別の作業をしていました。

私がじっとしてると
お客様も私の視線が気になり
ゆっくりと見てもらえないのは
残念だと思ったからです。

だから店内でもお客様からは
離れた場所で作業したりとか。

もちろん最後まで何も話しかけないのも
今度は冷たい印象を与えるので
しばらく時間が経ってから
人気商品のこととか、
お客様が手にとってみていたものについて話したりしました。

「この店は商品をゆっくりと見せてもらえる」
という印象を持ってもらうのが
大事だと思っていました。

安くない商品も扱っていたからです。

高額商品の購入はやはり時間をかけて
吟味したいものですから。

わずらわしい店員のトークや
態度から逃れるために
何かしら買ってとっとと店を後にする。

そして、二度と行かない。

というパターンを避けるためにも

または「あの店は店員がうるさいよ」と
周囲に言われないためにも
お客様に声をかけるタイミングには
非常に気をつかっていました。

自分がされたら嫌な接客とは?
を常に考えていました。

これは接客に限らず
どんなことにも言えることでしょうけれども。

私が完璧な接客をしていたわけでは
もちろんありませんが、

うるさいぐらいに
あれこれと話しかけてまとわりついて
買う気を失わせないように!
ということには
必要以上に気を配っていたと思います。

あ~、私が好きなあのショップの店員さんが
この記事を読んでくれたらな~(笑)


【櫻木よしこの新サービス!】

あなたの強みをお伝えします!
【オンラインサービス】
あなたの自宅でブランディング応援セッション by ZOOM

【講座・セッション情報】

鹿児島市開催

2019年8月31日(土)
『占い師×編集者の切れ味抜群なお話会@鹿児島 』
https://amba.to/2NkpTfQ

2019年9月18日(水
『自己PRが苦手な起業女子向けの
今すぐできるブランディング入門講座』
https://bit.ly/30uM5Wl

2019年10月28日(月)
『コスプレハロウィーンParty@鹿児島』
https://bit.ly/2OGOz2M

東京開催

◆2019年10月15日(火
あなたのブログスピード診断&
ブランディング応援セッションで出展!
@私たちの仕事ミニ見本市
https://bit.ly/2OC7fRg
以下のイベント内に出展!

◆2019年10月16日(水)午前中
編集者が大切なポイントを伝える
『読まれるブログの書き方講座@渋谷』
https://bit.ly/31t6hIS

◆2019年10月16日(水)午後
『まだまだ何かできるはず!
50代の“リスタート”お話会@東京』
https://bit.ly/2MnrFL3

◆“LINE公式アカウント”をやっています。
ここからの各種、問合せもOKです!

◆講座やセッションの
開催リクエストを希望される方へ

※上記都市以外で開催を希望される方は
お気軽にお問い合わせください。
こちら

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る