ブログ

今の自分の境遇を“前世”のせいにしたりしていませんか?

「私、前世でお金持ちで、
そのときに
もうお金はこれ以上いらないと
思ったんだって。

だから、今、
お金に苦労してるのよね、きっと」

みたいな感じで
今の自分の境遇が前世によるもの
と位置付ける人が一定数いると
感じています。

皆さんはいかがですか?

中学生ぐらいの頃に
「前世」という言葉を知り
それから一気に興味を持ち始めました。

シャーリー・マクレーンが書いた
“アウト・ オン・ア・リム”も
出てすぐに読みましたし、
私自身、前世を見てもらったことが何度もあります。

ここで2つほど私の前世のご紹介を。

“中国の皇帝の側室”

※美しすぎて皇后に妬まれ
自殺に追い込まれたらしい。
で、美人には生まれたくない。
と思って、死んでいったとか。
をいをい(笑)

“アフリカの酋長の第3夫人”

※料理担当だったらしい。
今世、またこの酋長と結婚すると
言われました。
あなたの料理を食べたくて
あなたの目の前に現れる…と。

で、結婚はしましたが
その酋長かどうかは不明(爆)
確かにかなりの食いしん坊です(笑)

まあ、他にもいくつかあります。

前世を知りたかった当時は
私がいろいろと迷っていた時期でもあります。

今に繋がる糸口を何か見つけたいと
思っていたのかもしれません。

しかーし、その糸口は
何も見つかりませんでした。

まあでも好奇心を満たされたので
それはそれでよかったです。

けれども、
今世の自分の嘆かわしい状況を
前世のせいにするのは違う
というのは、はっきり思います。

前世があるのならば
そのときはそのときで
その一生を終わらせている。

そして、今世は今世で
与えられた命を生きていく。

それだけのこと。

「前世で音楽が好きだったみたいだから
今もクラシックが好きなのかも…」的な
ラブリーな感じはお好きにどうぞ~
と思うのです。

しかし、マイナスな側面を
前世のせいにするのは
やっぱり違うなと。

前世のせいにしても
何も解決しないわけです。

あきらめる言い訳にしかならないから。

“前世、今世、来世”

とありますが、
今世でやり残したことを来世でぜひ!

というのもなんか違う。

来世に宿題を残してどうする?

いい迷惑だよねー。

来世は来世でまた違う人生なんだから。

私が私として生きるのは今世だけ。

今世をどうやって生ききって
死にきるか。

そこに前世と来世は関係ないと思うのです。

注)
これは前世リーディングをしてる方の
営業妨害を意図としてるものではなく
リーディング後の考え方に主眼を置いた記事であります。

あれこれ書きましたが

私自身は
目には見えない
そして不思議な世界は
確かに存在すると信じています。

◆“LINE公式アカウント”をやっています。
“LINE公式アカウント”からの各種、問合せもOKです!
友だち追加

【櫻木よしこの新サービス!】

あなたの強みをお伝えします!
【オンラインサービス】
“あなたのブランディング応援セッション”@自宅

【講座・セッション情報】

鹿児島市開催

2019年8月7日(水)
『40歳からのエンディングノート入門講座』
https://bit.ly/2L81zLw

◆2019年8月31日(土)
『占い師×編集者の切れ味抜群なお話会@鹿児島 』
https://amba.to/2NkpTfQ

◆2019年9月18日(水)
『選ばれるあなたを目指すブランディング』
+『好印象を決めるメイクのポイント』講座
https://bit.ly/30uM5Wl

◆講座やセッションの
開催リクエストを希望される方へ

※上記都市以外で開催を希望される方は
お気軽にお問い合わせください。
こちら

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

個人起業コンサルタント、編集者、上級終活カウンセラー。鹿児島市在住。
・最初の一歩が踏み出せない。 ・自分の強みがわからない。 ・ブログ記事に自信がない。 そういう悩みを抱える方をサポートしています。
編集者として培った「他者目線で売れるポイントを見ぬく」スキルをいかし、個人向けのブランディングコンサルティングやブログ講座、ブランディング講座を各地で開催(コンサルティングはオンラインでも実施中)。
個人起業家に役立つ集客ツール“セルフマガジン”制作もデザイナーと組んで制作を請け負う。
一方、人生の後半を有意義に過ごしたい、家族に迷惑をかけずに終焉を迎えたい方や、そういう方々をサポートする地方自治体や新聞社、葬儀社等に向けて、“終活の案内人”として講演・講座・執筆活動も行っている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る