ブログ

「後は任せるから好きなようにして」という言葉ほど危険なものはないと思うのは私だけ?

仕事の場面しかり

イベント等の企画・運営など

いろいろなシーンで
上司やボスが言うことありますよね。

「後は私は口を出さないから
あなたたちの好きなように
やってみて」みたいな。

そういうセリフを言われたことはありませんか?

私は何度となくあります。

でも、本当にその言葉通りに
任せきった人に会ったことがありません。

ほぼほぼの高い確率で
途中で様子伺いをしてきて
状況を聞くと、
「ちょっとそれまずいじゃない」

「こういうイメージじゃないのよね」

などと、ひとことちょっかいを出してきて
そのまま、どどーっと
結局は現場に流れ込むというパターン。

部下の成長を促す
やる気を出させるために
冒頭のセリフを言うのかもしれません。

しかし、本当に任せきる覚悟や
どういうことになっても
自分がその尻ぬぐいをする
ぐらいの覚悟がなければ
言うべきではないと思うのです。

私も立場的に
そのセリフを言うことがありました
@某編集部

私の場合は自分が手を離しても大丈夫だという
ギリギリまでかかわり、
その後がある程度予測できてから
「後は、お任せします~」と
口にしていました。
(それでお任せというのか?
ぐらいの感じではありますが 笑)

ベスト、ベター、バッド、ワースト
まで予測して、
「まあ、このいずれになっても大丈夫」
と思ってから手を放していました。

バッドやワーストになっても
想定範囲だったので
それでトラブルになることは
ありませんでした。

「後は任せるから好きなようにして」
というフレーズは
言ってもいいけれど
どの段階で言うかが肝かなと。

「面倒くさいから
とりあえず任せとくか」では、
後にトラブルになることは
見えています。

言われた側は
そのフレーズを信じて動きますので。

でも、結局、途中から口を挟んでこられたら、
テンションがダダ下がりで
「だったら、あんなことを
言わなければいいのに」となります。

お互いに良いことは何ひとつありません。

「後は任せるから好きなようにして」
は、一瞬、耳ざわりはいいですが
用法はちょっと考えてからがよろしいかと。

◆“LINE公式アカウント”をやっています。
“LINE公式アカウント”からの各種、問合せもOKです!
友だち追加

【櫻木よしこの新サービス!】

あなたの強みをお伝えします!
【オンラインサービス】
“あなたのブランディング応援セッション”@自宅

【講座・セッション情報】

鹿児島市開催

2019年8月7日(水)
『40歳からのエンディングノート入門講座』
https://bit.ly/2L81zLw

◆2019年8月31日(土)
『占い師×編集者の切れ味抜群なお話会@鹿児島 』
https://amba.to/2NkpTfQ

◆2019年9月18日(水)
『選ばれるあなたを目指すブランディング』
+『好印象を決めるメイクのポイント』講座
https://bit.ly/30uM5Wl

◆講座やセッションの
開催リクエストを希望される方へ

※上記都市以外で開催を希望される方は
お気軽にお問い合わせください。
こちら

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る