ブログ

SNSにアップされた写真は人を喜ばせ、笑わせ、ときに人を傷つける。

これは、先日、盛岡でお会いした
占い師の田村さんと話をしていて話題になったこと。

SNSでどんどんいろいろな人たちの
写真がアップされてきます。

誰かが写った写真に自分も写り込んでいたり、
積極的に撮影してもらうこともあるでしょう。

そうやって自分が写った写真が
何気にアップされているわけですが、
その場合、アップする側もある程度の
マナーは必要だと思うのです。

撮影した瞬間に
「この写真をアップしていい?」と
映っている人たちに軽く確認をとる。
または、写真を見せてOKをとる。

というような。

私自身、昨年、この一例として
憤慨したことがありました。

FACEBOOK(FB)友達Aは
彼が撮影した私の飲み会での写真を
FBに勝手にアップしました。

残念ながら女性としては
かなり不本意な写真だったわけです。

そして、そのAのFB友達(私は知らない)が
私の写真を見て勝手に顔診断して
FBのコメント欄に
その結果を晒すということがありました。

そのときの記事はこちら。
頼みもしないのに自分勝手に診断し、その内容を公開することが“暴力”でなくて何だろうか?

写真を勝手にSNSにアップするということも
マナーや意識の問題だ思います。

そして、撮影する側にも
時々問題があるようです。
(滅多にないことで一部の方だと思いますが)

カメラマンに勝手に被写体にされた人が
明らかに嫌がっているのに
「俺、カメラマンだからいいでしょ?
この俺が撮ってるんだから」的に
本人の意思とは関係なく
パシャパシャ撮っていることも。

これもどうだろうか?と。

被写体も嫌なら、嫌と
意思表示すればいいのですが
状況的にそうもできないこともあったりします。

ここまでは不本意なことばかりを書きました。

もちろん、嬉しい写真を
撮ってもらうこともあったり
共有できたりするので、
撮影してもらい、
SNSにアップしてもらって
良い面もたくさんあることは
承知しているつもりです。

また、撮影する側とそれをアップする側の
信頼問題の部分もあることでしょう。

ただ、一定のマナーを持ち合わせていたほうが
多くの人が快適にSNSを楽しめるのでは
ないかなと思っています。

撮影したとき
「これをSNSにアップしていい?」と
せめてそのひとことを。

それだけでも未然に防げることは
たくさんあると思うのです。

◆“LINE公式アカウント”をやっています。
“LINE公式アカウント”からの各種、問合せもOKです!
友だち追加

【櫻木よしこの新サービス!】

今すぐ相談したい!を可能に。
【オンラインサービス】
“あなたのブランディング応援セッション”@自宅

【講座・セッション情報】

静岡市開催

2019/6/3(月)
『選ばれるあなたになるブランディングの作り方講座』
『ブランディング応援セッション会』(残席1)
https://bit.ly/2YMbbzM

静岡市開催(ランチタイム)

2019/6/3(月)
“一歩踏み出すきっかけに!”
櫻木よしこのパワーランチ会
https://bit.ly/2YImKbr

東京・渋谷開催

2019/6/5(水)
『選ばれるあなたになるブランディングの作り方講座』
『ブランディング応援セッション会』(満席御礼)
https://bit.ly/2D39jts

札幌開催(1日目)

2019年6月25日(火)
『選ばれるあなたになるブランディングの作り方講座』
『ブランディング応援セッション会』(満席御礼)

https://bit.ly/2D6tCGo

札幌開催(2日目)

2019年6月26日(水)
読まれるブログの書き方講座
『ブランディング応援セッション会』
https://bit.ly/2UahJF5

◆講座やセッションの
開催リクエストを希望される方へ

※上記都市以外で開催を希望される方は
お気軽にお問い合わせください。
こちら

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る