ブログ

本当は知らないのに「それ知ってます」と言うことがありませんか? それってなぜでしょう?

誰かと会話をしてる中で
その話や情報、知識を恐らく知らないだろうに
「それ知ってます、私」という人が
たまにいます。

本当は知らないのに
知ってるふりをする人が
「それ知ってます」という言葉を発するときは
微妙な雰囲気が混ざるというか
「知らないのに知ってるふりだな」と
いう匂いが漂うんですよね。

それを感じたことがある人もいると思います。

まだまだ私が若かりし頃、
そういうとき「知ってます」と
言うことがありました。

今思うとそれは背伸びというか、
“かまってちゃん”だったんだなと思うのです。
仲間はずれにされたくない的な。

「知っている」と言わなければ
なんだか自分が劣っているように感じたり。
引け目を感じたり。

それも一瞬の自分なりの
愚かな判断だったのだと思います。

しかし、今はそういう「知ってます」は
言わなくなりました。

なぜか?

「あなたが知っているなら、では基本的な
その話は省きます」ということになるから。

「知っている」と言い、
知ってるふりをすることで
その情報や話の本質、知識を知るチャンスを
逃すとわかったからです。

それこそが“愚の骨頂”!

「知らないです」と
素直に言うことのほうが
どれだけ賢いことか。

「知らないです」と言えば
教えてもらえるのに
自分からそのチャンスを
棒に振ってるわけです。

素直に「知らないです」と言って
それで付き合えないような人たちなら
そもそもあなたはそこのグループには
合わないということ。

仲間はずれにされたくなくて
劣等感を感じたくなくて
「知ってます」と頻繁に言うことが多いなら
ただ疲れるだけです。

そしてそういう場合、
相手も「この人、知らないのに知ってるふり」
だなということに気づいている
パターンが多いですから。

「知らないこと」は知らないと
“素直”に言える自分のほうが
何かとお得ですよ。

知ってるふりなんて何の得にもならないし
マイナスしかないのです。

一瞬の劣等感はカバーできても。

◆LINE @始めました!
お気軽にどうぞ、ポチっ。
友だち追加
1対1のトークもできます。

◆櫻木よしこの新サービス!
あなたの講座・ワークショップの診断+フィードバックサービス

◆講座・セッション情報

東京・渋谷開催

2019/2/27(水)
14:00-18:00
“編集者目線で強みを探り出す!
あなたのブランディング応援セッション”会
開催場所:渋谷駅近く
https://bit.ly/2EGXWd0(残席2)

千葉県鎌ヶ谷開催

2019/3/1(金)
・10:00-12:00
選ばれるあなたになる
ブランディングの作り方講座
・13:00-16:30
“編集者目線で強みを探り出す!
あなたのブランディング応援セッション”会
開催場所:Fine Flavor/ファインフレーバー
千葉県 鎌ケ谷市右京塚1-12
https://bit.ly/2EGXWd0

鹿児島県鹿児島市開催

2019/3/20(水)
・10:00-12:00
選ばれるあなたになる
ブランディングの作り方講座
・13:00-16:30
“編集者目線で強みを探り出す!
あなたのブランディング応援セッション”会
開催場所:午前中:ルミエル
鹿児島市東千石町17-3
午後:鹿児島市天文館
https://bit.ly/2G7R89f

◆講座やセッションの
開催リクエストを希望される方へ

※上記都市以外で開催を希望される方は
お気軽にお問い合わせください。
こちら

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る