ブログ

“一発逆転”を夢見てもいい!でも時間をムダにしないために老子のこの言葉を捧げます。

例えば、収入だったり
知名度だったりが
一足飛びに飛躍する方法ってないかな?

何か“一発逆転”できることはないかな?

と思ったことはありませんか?

私はあります。

正直に告白するとそれは
一度や二度ではありません(笑)。

そればっかり考えていた
アホな時期もありました。
今、懺悔(笑)。

それは
“宝くじ”に当たらないかな?
と口にすることにかなり似ているのではないでしょうか。

宝くじに当たるために
せっせと宝くじを買ってでさえも
当たる確率は当選金額が7億円の場合、
2,000万分の1ぐらいだそうです。

いや~、もうこれって奇跡ですよね。
ほんとに。

当たったときの夢物語を
語ることさえも虚しく感じられる確率です、
とほほ。

そういう夢物語を語るのが好きな私には
残酷な現実です…。

また、売れないアーティストが
ごくたまにヒット曲に恵まれて
一躍スターダムにのし上がることがあります。

そんな一握りの人たちもやはり
ある程度の下積み時代がありますよね。

何が言いたいかというと
いきなりの一発逆転はやはりほぼない。
ということです。

いきなりすぎました?

よくよく考えると
そんなことはわかっているはずなのですが、
やっぱり、何かないかな~と考えてしまうのは
人間の悲しき性なのでしょうか(笑)

しかし、そんな私も
以前ほどこういうことを
思わなくなりました。

何の確約も裏付けもない
“一発逆転”を待ち続け
救いようのなかった私を
救ってくれたものがあるのです。

それは“ブログ”。

3年半前にきっかけを得て書き始めたブログが
“一発逆転”沼から足を洗わせてくれました。

以降、毎日更新し続けています。

ブログがきっかけで集客できたり、
講演のお話をいただいたり
テレビ出演のオファーがあったり
というチャンスを得ての今があります。

毎日書くという作業はとても
地味ですが、薄い紙を一枚ずつ
積み重ねるようにして毎日書いてきたことで
(といってもまだ3年半)
思いがけない経験をたくさんさせていただいています。

それが手応えだったり
本当に小さな経験からくる自信だったりに
繋がっています。

だから、一発逆転を夢見るよりも
いや、夢見ながらでもいいから
自分ができる何かしらの地道な活動を!

老子はこう言ったそうです。

「大きな大木も、
元はといえば小さな芽から始まり生長した。

九階建ての大きな建物も、
最初はひと抱えの土を運ぶ仕事から始まった。

千里の道を進んでいくのも
最初の小さな一歩から始まる」と。

「千里の道も一歩から」が妙にしみます。

一発逆転を夢見すぎて大切な時間を
かなり棒に振ってきた
先輩より愛を込めて。

◆LINE @始めました!
お気軽にどうぞ、ポチっ。
1対1のトークもできます。
友だち追加

◆櫻木よしこの新サービス!
あなたの講座・ワークショップの診断+フィードバックサービス

◆講座・セッション情報

東京・渋谷開催

2019/2/27(水)
14:00-18:00
“編集者目線で強みを探り出す!
あなたのブランディング応援セッション”会
開催場所:渋谷駅近く
https://bit.ly/2EGXWd0(残席2)

千葉県鎌ヶ谷開催

2019/3/1(金)
・10:00-12:00
選ばれるあなたになる
ブランディングの作り方講座
・13:00-16:30
“編集者目線で強みを探り出す!
あなたのブランディング応援セッション”会
開催場所:Fine Flavor/ファインフレーバー
千葉県 鎌ケ谷市右京塚1-12
https://bit.ly/2EGXWd0

鹿児島県鹿児島市開催

2019/3/20(水)
・10:00-12:00
選ばれるあなたになる
ブランディングの作り方講座
・13:00-16:30
“編集者目線で強みを探り出す!
あなたのブランディング応援セッション”会(残3枠)
開催場所:午前中:ルミエル
鹿児島市東千石町17-3
午後:鹿児島市天文館
https://bit.ly/2G7R89f

◆講座やセッションの
開催リクエストを希望される方へ

※上記都市以外で開催を希望される方は
お気軽にお問い合わせください。
こちら

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る