ブログ

占いで言われたことを放置していたら、「当たる」ものも「当たらなくなる」かも。

占いやセッションを
受けたことがある人は多いと思います。

しかし、そのとき言われたことを
たまに見返すことがありますか?

言われたことはそのときだけで
それ以降、そのままにしていませんか?

私は誰でもに占いを受けるわけではありません。

ここ最近ではぐっと絞り込んで
ちゃんとしたセッションとして
受けるのは二人だけです。

そのときに言われたことは
その場でノートに書き留めるので、
「何を言われたっけ?」と
すぐすぐに思い出すことはできなくても、
ノートを見ればそこに書いてあります。

ふと何かに迷ったとき、
「これで大丈夫かな?」と
気になったときに、
占いで言われたことを見返して
その判断材料にするときもあります。

だから占いで言われたことは
いつも持ち歩く手帳に書き
見たいときに見れる状況にしています。

人との待ち合わせで
ちょっと時間があるときに
何気なく見てみたり。

言われたことを読み返し
自分にうまく取り入れていく。

「当たる」「当たらない」
という以前の話で、
占いを利用するという感じでしょうか。

言われたことを現実のものにしてはじめて
「当たった」ということにも
できるのかな(笑)

せっかくお金を出して
セッションしてもらったのですから
自分のために少しでも役立てましょう。

言われたことをそのまま放置せずに。

◆LINE @始めました!
お気軽にどうぞ、ポチっ。
友だち追加

◆櫻木よしこの新サービス!
あなたの講座・ワークショップの診断+フィードバックサービス

【2019/2/4(月)鹿児島】2/4(月)“みんなで開運!” 櫻木よしこの立春パワーランチ会@鹿児島を開催!(満席)
詳しくはこちら

【2019/2/27(水)東京・渋谷】“編集者目線で強みを探り出す!あなたのブランディング応援セッション”会を開催!
詳しくはこちら。(残席2)

【2019/3/1(金)千葉・鎌ヶ谷】『選ばれるあなたになるブランディングの作り方講座』 &『ブランディング応援セッション会』を開催!
詳しくはこちら

※上記都市以外で開催を希望される方は
お気軽にお問い合わせください。
こちら

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る