ブログ

「よくわからないけどよかった」というモヤっと表現に物申す。わからなかったの?それともよかったの?

例えば、講座やワークショップや講演などに
参加して、「よくわからないけどよかった」
と口にする人たちがわりといる。

わからないけどよかったって何?

わからないなら
よかったかどうかなんて
わからないはずなのに(笑)

感想を口にするなら曖昧にせず

よかった。
いまいち。
よくわからなかった。
よくなかった。

と何かしらはっきりと意思表示したほうが良い。

そうするとあなたという人間の輪郭が
うっすらと浮かび上がってくる。

どうでもいいような感想を口にすると、
人間性さえぼんやりとした
「よくわからない」人に見られてしまう。

それではいつまでだっても
人から興味を持ってもらえない。

もっと他人から興味を持ってもらいたいと
思うなら、そういう細かいところから
なのではないかと思うのだ。

あとそれに似た感じのもので、もうひとつ。

「ご縁が繋がってよかったです」と
よく口にする人もいるが
繋がって本当によかったかどうかなんて
そのときにはわからない。

出会って間もない人にそう言うと
すごく薄っぺらく感じてしまう。

それよりも、「お知り合いになれて
よかったです」というほうがどれだけ普通で
すっきりしてるかって話。

とりあえずこれを言っておけば
無難に大丈夫というのではなく、
もっと自分が発する言葉に意思を乗せてみたら?
と新年一発目のスパイシーな記事。

【櫻木よしこのセッション・講座予定】
<ブランディングセッション>

【2019/1/11(金)鹿児島】“編集者目線で強みを探り出す!あなたのブランディング応援セッション”会を開催!
詳しくはこちら。(残席1)

【2019/1/18(金)博多】“編集者目線で強みを探り出す!あなたのブランディング応援セッション”会を開催!
詳しくはこちら。(残席2)

※上記都市以外で希望される方は
お気軽にお問い合わせください。
こちら

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る