ブログ

誰かと“待ち合わせ”前のひとときを自分のために活用していますか?

待ち合わせをするときに
あなたは早めにいく人ですか?
それともバタバタと遅れていく人ですか?

私は基本的にわりと早めにいくタイプ。

今思えば、
学生時代は一度も遅刻をしたことがない。
間に合うかな?どうかな?
というギリギリ感じが
苦手だったのだと思う。

それが高じてかどうかはわからないけれども
大人になった今でも待ち合わせには
基本的に早くいく。

そして、カフェなどでの待ち合わせなら
なおさら早くいき、
そこで自分ミーティングをする。

今後のことや今やっていることを
整理するために、
場所を変えて考えることはとても有効だと
私自身は感じている。

自宅だといろいろなことが
目に入ったりして、
気になったりして、
集中が難しいときもあるが
外だとまずそれがない。

自分のことだけに集中できる。

待ち合わせがカフェでないときは
そこの近くのコーヒーショップに
早めにいって、自分だけの時間を持つ。

それと同じく、飛行機でどこかへ行くときも
早めに空港に到着し、
ラウンジで時間を過ごすようにしている。

済ませておきたい用事や
これからの仕事の準備などをこなす。

とっとと家を出て、
異空間に身を置くと
私自身はどうやら効率よく
脳内が働いてくれると感じている。
待ち合わせだと時間的制約もあるから
自分的にピリッとする。

皆さんはいかがですか?

【櫻木よしこからのお知らせ】
【11/17(土)鹿児島】“好きをカタチにする達人ミニフェスト@カゴシマ”に出展

詳しくはこちら

【11/26(月)東京】“あなたのブランディング応援セッション”会を開催!
詳しくはこちら

【11/27(火)東京・渋谷】セルフマガジンの作り方集中講座+個別アドバイスを開催予定!
詳しくはこちら

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る