ブログ

空中泊x南大隅を堪能するアクティビティが魅力の期間限定“マジカルステイ”で贅沢なひとときを!

南九州ではここだけという、
空中に泊まれるエアーテント“テントサイル”
に宿泊できることで
大きな話題を呼んでいる
鹿児島県南大隅町の
“MAGICAL STAY”(マジカルステイ)を体験してきた!

テントサイルとは、
太い松の木3本を⽀柱に固定して吊るすタイプのテント。

“MAGICAL STAY”は
今年の8月からスタートし
11月までの期間限定ということで
この情報を入手してからすぐ予約。
(来年も開催予定とか)

現地に到着すると、こういうテントが
敷地内に6つほど見えた。

テントは3層構造になっていて、
一番上の黒いカバーで覆われている
エリア(3階)で寝る。

ひとつ上の層へいくときは
中央にあいている穴に体を通し、
上のシートをぐっと下へ押さえて、
体をぐっと上へ上げる。

2層(2階みたいなもの)に上がって手をふる私(笑)
最初はこの移動に慣れず、
「マジかよステイ」と揶揄していたが
それはのちにやはり
「マジカルステイ」へと変わった(笑)

夕食までには時間があるので、
お風呂はすぐ近くにある
ねじめ温泉・ネッピー館へ。
※温泉券がもらえます。

夕食は、本来なら地上400メートルの場所で
いただく予定だったが、
折からの台風被害により、
それは不可能となり、敷地内のやぐらで。
まずはウエルカムドリンクをいただいて。

南⼤隅町出⾝のオーナーが⼿がける
「Blue Standard」によるお料理は
地元の食材をふんだんに使った
カジュアルなコース仕立て。

夕食後、チャーターされたタクシーで
「パノラマパーク⻄原台」へ移動。
そこで星空を案内するガイド役と一緒に
“星空観賞タイム”。
この日は、天の川や火星、
ベガ、アルタイル、そして
天体望遠鏡で土星のわっかもみることができた!

そして、敷地へ戻り就寝。
毛布と寝袋を貸してもらい
寒さはまったく感じずに眠れた夜(笑)。

翌朝は、“早朝トレッキング”に参加すべく
7時半にチャータータクシーで“雄川の滝”へ。
NHK大河ドラマ“西郷どん”の
オープニング映像で流れて、すごく有名になっている場所だ。

車で走ること15分ぐらいの地点から
遊歩道1.2キロを歩いて、雄川の滝まで。
こういう朝の景色をみながら、
清々しい空気も気持ちよい。

滝から流れる水量が少ないほうが
色もすごく綺麗に見えるとか。

トレッキングから戻ると
なんと橋にパラソルが立てられ
川を見ながら、朝食をいただく。
もうこれは企画力の勝利!
本当に素晴らしいモーニングスタイル。

手作りのおかずがとても美味しかった
和食のお弁当。

そして、またタクシーで敷地まで
もどり、チェックアウトまで
こんな感じでくつろぐ~。
トランポリン状態というか、
ハンモック状態というか…。

季節的にいつがベストかを考えると
4、5、9、10月かなと
いう私の中での結論にいたった。

マジカルステイは想像以上に楽しめて
気づくと、子供と同じように笑っていた。
お子さん連れの家族にもかなり人気とか。

敷地内やトレッキングなどで
お手伝いをしてくださっている
シルバーのシニアの方々も
とても気さくで、会話をするのも気持ちよかった。

若者に交じっていきいきと
この新しい町おこしの試みに
いそしんでいるように映り、
この滞在を温かみのあるものに
してもらった気がする。

心がほのぼのとした。

1泊2日、日常の喧噪から離れて
アクティビティを堪能し、
あれこれ準備していかなくても
手軽にアウトドアを楽しめる、
そして、南大隅の方たちとの
触れ合いも楽しかったこの滞在は
実にマジカルだった!

今回ご紹介したプランは大人ひとり12800円~
(大人2名/1室利用の場合)。
温泉、お食事、毛布、寝袋レンタル、
タクシー代などがすべて料金に含まれている。

◆“MAGICAL STAY”(マジカルステイ)
開催地:鹿児島県肝属郡南大隅町根占川南718-2 みなと公園内
・鹿児島市内から車で約2時間(鴨池・垂水フェリー利用)
・鹿児島空港からレンタカーで約2時間(東九州自動車道経由)
※開催は真冬を避けた3月~11月。
来年も開催予定。
詳しくはこちら

【櫻木よしこからのお知らせ】
【10/16(火)札幌】満席御礼 詳しくはこちら
※10/18(木)に追加枠を少し設定。
【11/17(土)鹿児島】“好きをカタチにする達人ミニフェスト@カゴシマ”に出展

詳しくはこちら

【11/26(月)東京】“あなたのブランディング応援セッション”会を開催!
詳しくはこちら

【11/27(火)東京・渋谷】セルフマガジンの作り方集中講座+個別アドバイスを開催予定!
詳しくはこちら

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る