ブログ

個人最強の営業ツール“セルフマガジン”を作るのは、私にはまだ早すぎると思っているあなたへ。

個人最強の営業ツールと言われる
“セルフマガジン”。

作ったほうがいい。
自分には必要ない。
いろいろな意見が飛び交うが、
セルフマガジンがなくても
特に困りはしないだろう。

それまでと同じだから。

でも、作っていたら
助かることはたくさんある。

例えば私の場合、
こういうことがあった。

①仕事の問い合わせが増えた。

②会話の糸口になった。

③仕事獲得に繋がった。

④知らない人に声をかけられたりする。
(表紙に自分の写真を掲載しているから)
そこから実際に仕事に結びついた。

⑤ラジオ出演のきっかけになった。

⑥講演会や講座の私の資料として
すぐに参加者に配布できた。

⑦気に入ってサロンや店舗に
置いて下さる方々が現れた。

これは作らなかったら
まったく想像だにしなかったことだ。

「セルフマガジンを作るには
まだまだ準備が足りない」
という理由で
マガジン制作に取り掛からない人も多い。
でも、個人的にそれは違うと思う。

それはこれまでセルフマガジンの制作を
担当してきたり、
制作アドバイスをしてきて、
またセルフマガジンの作り方講座を
開催して感じていることだ。

制作に取り掛かるとプロセスを踏みながら
自分の棚卸をして、
不足部分を考えなければならない
状況に追い込まれる。

「マガジンを作らなければ
私はずっと踏み出せずにいた」
という感想もいただいたことがある。

取り掛かるから、
自分のサービスメニューのことや
プロフィールのこと、
理念や写真についても考える必要が出てくる。

セルフマガジンを作ることによって、
逆に自分が真剣に動き出す状況が
整ってくると言えよう。

自分がまだ準備ができていないなと
思う方にこそ、取り組んでみてほしい。
何を準備すればいいのかがわかるから。

不足しているものが見つかったら
それこそがあなたのビジネス自体に
足りないものなのだから。

【セルフマガジンの作り方講座開催日程】

まずは講座でどういう風にして作るのか?
などなど、情報を得てみませんか?

【11/27(火)東京・渋谷】セルフマガジンの作り方集中講座+個別アドバイスを開催予定!
詳しくはこちら
【12/14(金)札幌】セルフマガジンの作り方集中講座+個別アドバイスを開催!
詳しくはこちら。

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る