ブログ

「嫌われる勇気も持つ」以前に、最初から誰かに嫌われているという事実を知っていますか?

世の中には

・あなたの事が嫌いな人が2割
・あなたの事がどうでもいい人が6割
・あなたの事が好きな人が2割という
「2:6:2の法則」というものがあるそうな。

パナソニック(松下電工)の創業者である
松下幸之助氏が語ったと言われている法則です。

最近、この法則をやたらと目にすることが多く
ちょっと考えてみました。

私もそうですが、できれば嫌われたくはない。

でも、嫌われたくないからと
どんなにどんなに頑張っても
この割合が変わらないのなら、頑張る必要ないなと。

そう思ったら肩の力が抜ける気がする。

嫌われたくないために
自分を押し殺すと個性までもがひゅんと内側に入っていってしまいます。

いわゆる“没個性”。

嫌われたくないために“没個性”になったら
周囲からは、本音も語らない、
あまり印象に残らないという人のレッテルを貼られてしまうのではないか?

私自身は逆にそこを恐れます。

印象に残らない人間って寂しすぎる。
かといって、毒舌で好き放題語って
やらかせばいいというものでもなく(笑)。

自分の許容範囲で本音を出していくと
そこに共感してくれたり、一緒に笑って泣いてくれる人はいる。
と、私自身の経験から実感してる。

だから、「嫌われたくない」の“ない”に
フォーカスを当てるよりも、
好かれているの“いる(ある)”にフォーカスを
当てた方が人生楽しくなると思う。

100人の人がいるとして、
20人は自分を好きでいてくれるわけで。
それってすごいと思うのです。

20人も!!!

いやいや、ありがとうですよ、これは。

だからといって、これをもっと増やそうと
そこに努力する必要もなく。

ただ、自分のあるがままです。

好きでいてくれた人から
嫌われることもあるだろうし、
嫌われていた人から好かれるようになることもあるだろう。

そういう変動がありつつも
変わらない法則なのだろう。

自分はただそこにいる。

自分を好きか嫌いかを判断するのは周囲。

私も同じく、周囲の人を好きか嫌いかという判断をしている。

自分も周囲も時とともに変容していくもの。

それでいいし、それがいいと思っている。

【お知らせ】

<編集者目線で強みとウリを探り出す!ブランディング応援セッション開催日程>

◆【岩手・大船渡】9/28(金)詳細はこちら。

◆【札幌】満席御礼10/16(火)詳細はこちら。※別日に追加枠を少し設定。

◆リクエストがあれば各地で「セルフマガジンの作り方講座出張開催」します!
詳しくはこちら。

 

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る