ブログ

伝えたいことはエンディングノートに書かずとも、大学ノートでも手作り和紙ノートでも。

終活カウンセラーとして
「エンディングノートの書き方講座」を開催したり、
地方自治体からお声かけいただき
「終活入門講座」といったお話をさせていただいたりしている。

自分の意思を伝えるツールとして
エンディングノートがあるのだが
“エンディングノート”という響きに今一つ
抵抗がある方も中にはいらっしゃる。

役立つツールだと知りながらも
一歩踏み出せないのは
「“エンディング”という文字がちょっと…」
という意見も聞いたことがある。

それなら、エンディングノートを使わずに
大学ノートに伝えておきたいことだけ書いていてもいいのです。

例えば
家族へのメッセージ
葬儀、お墓のこと
延命措置のこと
これだけは伝えておきたいこと
家族が好きな料理のレシピ
自分だけが知っていて家族がしらないこと等…。

ただ、大学ノートの白紙のページを前に
「何を書いておいたらいいのか?」と
思いまどうぐらいならそういうときに
エンディングノートが便利だというぐらいで。

伝える手段はエンディングノートや
大学ノートだけではなく、
想い出の写真を貼った独自の自分史のような
ノートを作り、その中に伝えたいことを書いておくとか…。

エンディングノートにこだわらず
自分が好きなノートや手帳に
どうぞご自由にお好きなように
伝えたいことを書いてみてください。

【お知らせ】
<セルフマガジンの作り方集中講座+個別アドバイス開催日程>

【名古屋】9/9(日)(残席4)詳細はこちら。

【新大阪】9/11(火)(残席1)詳細はこちら。

<編集者目線で強みとウリを探り出す!ブランディング応援セッション開催日程>

◆【岩手・大船渡】9/28(金)詳細はこちら。

◆【札幌】10/16(火)詳細はこちら

◆リクエストがあれば各地で「セルフマガジンの作り方講座出張開催」します!
詳しくはこちら。

櫻木よしこセルフマガジン“Restart2”(無料)を読んでみたい方は、以下からお申込みください。

お申込みはこちら

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る