ブログ

「所詮、私の人生なんてこんなものだ~」とため息をついてあきらめていませんか?

先日のテレビ取材のときのこと。

ディレクターが私のセルフマガジンを見て
「なぜ、タイトルがRestart(リスタート)
なんですか?」と尋ねてきた。

それは3年前に私が大きくリスタートしたから。

「リスタートは誰でも何回でもできるんだと
いうことを伝えたいから」だということをお話した。

私はそれまでも転職や住む場所を変える
という意味でのリスタートは繰り返してきたが
3年前にきっかけを得て、
フリーランスとしてまったく何も
できていなかったことに気づき、一気に動きだした。

そして、しばらくして振り返り
「あぁ、私はあのときリスタートしたんだ!」と実感した。

それまでの私は本当にグダグダだった。
いかにグダグダだったかはこちら

「所詮、私の人生なんてこんなもの」と
あきらめている人は多い。

もちろん、どうにかしたくても
具体的にはすぐに動けない諸事情もあるだろう。

しかし、それが年齢のことを言い訳にしたり
するのならば、結局は自分の思い方次第なんだよなと。

表面上、すぐに動けないなら
心の中で、頭の中であれこれと考え
気持ちが整理されていき、プランニングが始まるならそれもリスタート。

あきらめるのは本当に簡単なこと。
でもそれだと、後悔は減らない。
心は空虚のままだ。

そんな気持ちのままで私は人生を終えたくはない。

後悔が少ないかどうかは自分だけがわかること。
他人には推し量れない。

そして、それは誰とも比較することでもない。

自分なりのペースでひとつでも小さな
達成感を感じたりするような、
それを積み重ねていくような生き方をしたいと最近特に思う。

そこに同じような想いを持つ人たちと
触れ合ったりし、時に絡んだり、時に離れていく。
そうやって転がりながら、自分のゴールへ進んでいけたらいい。

『心の中にまだ燃料は残っていますか?』
という私のファーストセルフマガジンのコピーを改めて思う。

自分が自分の人生をあきらめない限り、
もうないだろうと思っていた
心の燃料という“ヤル気”は心の中に必ず残っているはず。

人生をあきらめない手段が“リスタート”なのだ。

【お知らせ】
<セルフマガジンの作り方集中講座+個別アドバイス開催日程>

【名古屋】9/9(日)(残席4)詳細はこちら。

【新大阪】9/11(火)(残席1)詳細はこちら。

<編集者目線で強みとウリを探り出す!ブランディング応援セッション開催日程>

◆【岩手・大船渡】9/28(金)詳細はこちら。

◆【札幌】10/16(火)詳細はこちら

◆リクエストがあれば各地で「セルフマガジンの作り方講座出張開催」します!
詳しくはこちら。

櫻木よしこセルフマガジン“Restart2”(無料)を読んでみたい方は、以下からお申込みください。

お申込みはこちら

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る