ブログ

動画デビューへいざなってくれた友人・鯰美紀へ贈る言葉「くだらなさは最強だ!」

知り合ってからかれこれ3年になる“みきてぃ”こと
インタビュアー&ライターの鯰美紀さん
もうすぐNYへ引っ越してしまうことになり…。
最高気温35度の鹿児島で一抹の寂しさを感じている。

みきてぃを知ったのは、約3年前。
当時、自分がやっていたサービスについて
ネットであれこれと検索していたときのことだった。

みきてぃのブログにたどり着き
「あ!この人がやっていることと
私がやろうとしていることには共通項がある」とピンときて
当時やっていたアメブロから
メッセージを送ったのが出会いのきっかけ。

で、2015年10月に初対面↓



そこからまあいろいろとやりました(笑)

「好きを仕事にする大人塾・かさこ塾フェスタ」で、みきてぃのインタビューを
受けることになったときも
何か面白いことやりたいと、
お互いにライターと編集者ということもあり
FB用に交互に毎週“番宣”を作った。

パワポで“番宣”を作りながら、
写真やコピーを考えるのがくだらなく楽しくて
作りながら画面を見て何度も笑ったのを思い出す。
インタビューのオファーを「ありがとう、みきてぃ①」

みきてぃと会うといつもテーマは
「何か面白いことない?」
「何か面白いことやろうよ」だった。



おかげで「みきてぃ御殿」
「みきてぃモーニングショー」にも出演させていただきました。
ある意味「動画デビュー」。
即興で練習なしに撮影し、笑い転げた。
動画のゲストに選んでくれて「ありがとう、みきてぃ②」

みきてぃと知り合って、
「あ、やっちゃっていいんだね」という感覚を知った。
というより思い出した。

これは私的には大きいこと。
くだらなさの面白さを思い出させてくれて「ありがとう、みきてぃ③」

そして、みきてぃの次なる野望が
“NYでブロードウェイ女優になる!”ことだと知り、鹿児島で寂しがってるヒマはないと知る。
私は次は何になる??

“NYでブロードウェイ女優になる!”っていきなり普通言える?
でもそれは私が“ミセスジャパンになる!”
というよりはかなり真実味があるかも(笑)

そんなこんなのみきてぃもNY行きを前に6月にお父様を亡くされました。
余命宣告を受けた父の生き方・逝き方
このブログを読むと
お父様の生き方・逝き方の清々しさと潔さ、
そして家族への愛を感じます。
さらには、記事を通してみきてぃのしなやかさと強さを感じることができます。
ぜひ、ぜひご一読ください。

Dear mikitty,
so long for now & with lots of love.

<これまでのお互いについてのブログ記事>

ブログのお蔭で発見していただきました (byみきてぃ)

あなたもよろしければ“鯰マジック”にかかってみませんか? (by わたし)

あなたはライター・インタビュアー鯰美紀のように人生を楽しめているか? (by わたし)

<<新しいサービス始めました!>>

『編集者目線で強みと魅力を探り出す! あなたのブランディング応援セッション』をスタートします!
詳しくはこちら

【その他のお知らせ】
◆【宮崎県・都城】8/28(火)セルフマガジンの作り方集中講座+個別アドバイス開催(残席6)!
詳細は
こちら。

【名古屋】9/9(日)セルフマガジンの作り方集中講座+個別アドバイス開催予定!(残席5)
詳細はこちら。

【新大阪】9/11(火)セルフマガジンの作り方集中講座+個別アドバイス開催!(残席1)
詳細はこちら。

◆【岩手・大船渡】9/28(金)セルフブランディングプチアドバイス&セルフマガジン制作アドバイス@かさこ塾フェスタおおふなと

詳細はこちら。

◆リクエストがあれば各地で「セルフマガジンの作り方講座出張開催」します!
詳しくはこちら。

櫻木よしこセルフマガジン“Restart2”(無料)を読んでみたい方は、以下からお申込みください。

https://goo.gl/forms/FnaIS8OZe2TIhA5M2

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

個人起業コンサルタント、編集者、上級終活カウンセラー。鹿児島市在住。
・最初の一歩が踏み出せない。 ・自分の強みがわからない。 ・ブログ記事に自信がない。 そういう悩みを抱える方をサポートしています。
編集者として培った「他者目線で売れるポイントを見ぬく」スキルをいかし、個人向けのブランディングコンサルティングやブログ講座、ブランディング講座を各地で開催(コンサルティングはオンラインでも実施中)。
個人起業家に役立つ集客ツール“セルフマガジン”制作もデザイナーと組んで制作を請け負う。
一方、人生の後半を有意義に過ごしたい、家族に迷惑をかけずに終焉を迎えたい方や、そういう方々をサポートする地方自治体や新聞社、葬儀社等に向けて、“終活の案内人”として講演・講座・執筆活動も行っている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る