ブログ

あれは夢か幻か? それとも…。書きながらぞぞっと鳥肌が立つ真夏の夜の出来事。

小学生の頃、お寺の日曜学校に通っていた頃のお話。

ある夏休み、お寺主催の「肝試し」イベントがあった。

それは、子供たちが4人1組になって
お寺から歩いて10~15分の場所にある墓地まで行くという。

山の斜面を利用してたくさんのお墓が
建てられているその墓地の頂上にある“札”をとって帰ってくるというルールだった。

真っ暗になってからお寺をスタート。

ポイントには大人が立っているから
そこまで怖さはなかったし、
子供心にワクワクしながら
友達たちと懐中電灯を振り回しながら墓地へと急いだ。

問題なく墓地の頂上で“札”をとった帰り道のこと。

ひとりの子が
「こっちのほうへ行ったら近道だよ」と言ったので、
つられてそちらへと進んでいった。

私はその墓地には母方のお墓があったので
だいたいの感覚は身に付けていたから
あまり心配もせずその友達についていった。

しかし。
似たような場所がたくさんある墓地のこと、
周囲は真っ暗なのでとうとう迷ってしまった。

すると、どこからか「にゃ~」というネコの声が。

そもそもネコが(犬もネコも鳥も怖い私)怖い私は「うわっ」と声を出した。

そして、そこにはネコを抱っこした着物姿のおばあさんが。

私達はどこからともなく現れたおばあさんに
一瞬ぎょっとしたが、
おかげで道を尋ねられるとほっとして、
迷ってしまったことを告げると
おばあさんは丁寧に道を教えてくれた。

お礼を言っておばあさんに教えられた方へ
進み始める前に、一瞬後ろを振り向くと
そこにはもうおばあさんはいなかった。

記事を書きながら思い出しつつ、ぞっとして鳥肌になっている私(笑)

ほんの一瞬だから、おばあさんが帰っていく後姿ぐらい絶対に見えるはずなのに。

そこにはいなかった。
忽然と消えていた。

私達は怖さのあまり叫ぶに叫べず
どうやってお寺へ戻ったか、記憶があまりない。
必死に走って帰ったような気がする。

おばあさんに足があったかどうかは覚えていない(笑)

辛うじてちびってはいなかった(笑)

お寺の庭に焚かれていたキャンプファイヤーを見て
ほっとしてヘナへナとその場に座り込んだことを覚えている。

40年以上経った今でも色褪せない真夏の夜の出来事です…

【お知らせ】

◆【鹿児島市】8/21(火)『秋からのあなたを応援するセッション会@鹿児島』
ブランディング応援セッション&秘密のメニュー(当日公開)で出展!
詳細はこちら。

◆【宮崎県・都城】8/28(火)セルフマガジンの作り方集中講座+個別アドバイス開催(残席6)!
詳細は
こちら。

【名古屋】9/9(日)セルフマガジンの作り方集中講座+個別アドバイス開催予定!(残席5)
詳細はこちら。

【新大阪】9/11(火)セルフマガジンの作り方集中講座+個別アドバイス開催!(残席1)
詳細はこちら。

◆【岩手・大船渡】9/28(金)ブランディング応援アドバイス&セルフマガジン制作アドバイス@かさこ塾フェスタおおふなと

詳細はこちら。

◆リクエストがあれば各地で「セルフマガジンの作り方講座出張開催」します!
詳しくはこちら。

櫻木よしこセルフマガジン“Restart2”(無料)を読んでみたい方は、以下からお申込みください。

https://goo.gl/forms/FnaIS8OZe2TIhA5M2

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る