ブログ

有名人のネームバリューを使っている限り、いつまでたってもあなたは有名にはなれない。

まだまだいたんだ、こんな人。
久しぶりに会っちゃったよ~。

自己紹介のときに
「“●●さん”の友人の大山花子です」とか
「“●●さん”の親戚の山田一郎です」とか
「“●●さん”と親しくさせてもらっている川野美智子です」とかって言う人。

※●●さんには全国的にまたは地域的に有名な人の名前が入る。

自分でそれを言う人もいるけれど、
近くにいる側近めいた人に言わせる人もいる。

こういうのを聞くとなんだかな~といつも思う。

有名人の名前を借りなくても
自分で勝負しろっての。

「いくらと数の子が大好きな櫻木よしこです」とか
「チキンが苦手な櫻木よしこです」とか
「マンゴーがあれば笑顔でいられる櫻木よしこです」とか。
※食べ物関係しか思いつかないという(笑)

そのほうが全然面白いと思うのは
私だけだろうか?

“●●さん”という有名人の名前を借りたとして
その有名人が罪を犯したり、
亡くなったり、
メディアから姿を消してしまったらどうするの?

その枕詞めいた“”は使えなくなる。

有名人の名前を借りたら
そりゃ多少なりともインパクトはあるだろう。
けれども、その人自身が何をやってる人かという
情報は残念ながらかき消されてしまう。

だから、どう転んでもいいように
自分なりの「枕詞」を考えよう。
それを考えるほうが楽しいって。

「“イカが好き”と言えば櫻木よしこ」ってな感じに(笑)

【お知らせ】

【名古屋】9/9(日)セルフマガジンの作り方集中講座+個別アドバイス開催予定!
※7/31(火)までに6名以上集まれば開催決定します。
詳細はこちら。

【新大阪】9/11(火)セルフマガジンの作り方集中講座+個別アドバイス開催!(残席3)
詳細はこちら。

◆【岩手・大船渡】9/28(金)セルフブランディングプチアドバイス&セルフマガジン制作アドバイス@かさこ塾フエスタおおふなと

詳細はこちら。

◆リクエストがあれば各地で「セルフマガジンの作り方講座出張開催」します!
詳しくはこちら。

櫻木よしこセルフマガジン“Restart2”(無料)を読んでみたい方は、以下からお申込みください。

https://goo.gl/forms/FnaIS8OZe2TIhA5M2

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る