ブログ

新サービスを始めた原点は、3年前までの自意識過剰でダメダメすぎた自分にあり。

先日、新しいサービス
『編集者目線で強みと魅力を探り出す!
あなたのブランディング応援セッション』を
ご案内しましたが、
これをやってみようと思ったのには
私なりの理由があります。

フリーランス編集者の私は3年ぐらい前まで
悶々とした日々を送っていました。

出版社からの下請けのような仕事をやって
いつも“待ち”の状態でした。

「自分にも何か他にできることがあるはず」と
感じながらも、その何かを探す手段がわからず
自分を売り出す方法もわかりませんでした。

だからといって、あちこちの会社を回って
いわゆる“営業”するというのもしたくなくて。
そこに恥ずかしさやとまどいがあったから。
私が営業したからって、失うものなど
ないのに、自意識過剰とプライドが邪魔をしていたのです。

編集者の友人は
「あなたはブログを書いたほうがいいよ!」と
何度も勧めてくれたにも関わらず
それもなんだかそのときはピンとこなくてやらなかったわけで。
(友よ、ごめんなさい)

「ないない」づくしの
どうしようもなかった私はある時に
いただいた一冊の“セルフマガジン”できっかけをつかんだのです。

きっかけストーリーはこちら

きっかけをつかんだことで
私は自分が持つスキルを別方向で
アウトプットしてみてもいいのでは?と思い始めました。

編集者だから「雑誌やWEBの
編集やライティングだけをやる」
というのではなく、
そのスキルを別方向でアウトプットし、試すことに。
それが対面やオンラインでの
「セルフマガジンの制作アドバイス」
各地での「セルフマガジンの作り方集中講座」開催、そして、今回の新しいサービスに繋がってきています。

ブログについて言えば、
きっかけが元でブログの必要性がすっと理解でき、
すぐさまブログを始め、3年近く日々更新を続けています。

高額のビジネス塾や起業塾でどれだけハウツーを学んでも
自分が「腹落ち」しなければ
自分のエンジンは決してかからない。

エンジンがかかれば
必要な部分は自分で探し、
トライ&エラーを繰り返しながら進んでいく。
それは自分がこの3年間、
もがきながらも経験したこと。

腹落ちして動き出した私が、
唯一この3年間で学んだのは
好きを仕事にする大人塾 かさこ塾」だけです。
全4回で5万円という良心的な受講費で
私のきっかけとなった「かさこマガジン」を
作っているかさこさんが塾長として全国各地で主宰している塾だから。

ここで学びをさらに深めヒントを得て、
いろいろな人たちと出会い
動くことの必要性を実感!

腹落ちし、リスタートした私も
まだ道の途中です。
けれども、リスタートしたくても、
きっかけをつかめない、
自分の強みがわからない、
そんな以前の私のような人たちを
編集者としての“他者目線”とスキル、
そして自分の経験をもとに
応援したいと強く思うようになりました。

だから、よし!やろう!と。

思いついたら、そこに想いがあれば
フットワーク軽くやってみる。

その道のプロと言われる人から言わせたら
「なんじゃ、そりゃ」と言われるかもしれない。

けれどもそんな私を相談相手に
選んでくれる人がいるなら
微力ながらも“チャッカマン”になるべく、
私だからできる手法で応援する所存です!

編集者で上級終活カウンセラー、
ブランディング応援アドバイザーの
櫻木よしこをこれからもどうぞよろしくお願いいたします。

◆新サービスのご案内はこちら↓
『編集者目線で強みと魅力を探り出す!
あなたのブランディング応援セッション』をスタートします!

櫻木よしこセルフマガジン“Restart2”(無料)を読んでみたい方は、以下からお申込みください。

https://goo.gl/forms/FnaIS8OZe2TIhA5M2

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

個人起業コンサルタント、編集者、上級終活カウンセラー。鹿児島市在住。
・最初の一歩が踏み出せない。 ・自分の強みがわからない。 ・ブログ記事に自信がない。 そういう悩みを抱える方をサポートしています。
編集者として培った「他者目線で売れるポイントを見ぬく」スキルをいかし、個人向けのブランディングコンサルティングやブログ講座、ブランディング講座を各地で開催(コンサルティングはオンラインでも実施中)。
個人起業家に役立つ集客ツール“セルフマガジン”制作もデザイナーと組んで制作を請け負う。
一方、人生の後半を有意義に過ごしたい、家族に迷惑をかけずに終焉を迎えたい方や、そういう方々をサポートする地方自治体や新聞社、葬儀社等に向けて、“終活の案内人”として講演・講座・執筆活動も行っている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る