ブログ

失敗してもいいんだよ。次に成功して、みんなの記憶を塗り替えればいいのだから。

何か新しいことを試そうとするときのこと。

「失敗したらどうしよう」
「笑われたらどうしよう」
「こんなことやっていいのかな」
といろいろな、どちらかというと
ネガティブな気持ちが浮かんでは消えてをくり返す。
(そうじゃない人もいるかもしれないけれど
そうである人が多いような)

最近、思うのだが
もし失敗したとしても
次に成功すればいいんじゃない?と。

先だってのワールドカップの日本の戦いぶりを見ていて思ったことがある。

日本対ポーランド戦は
「日本らしくない戦い方」だとか
さんざんな報道だった。

(私個人としては、先に進める手段としては
それもアリだと思ったけれども。
そこまで非難されるべきことか?と)

しかし、その後の日本対ベルギー戦は
その戦いぶりを称えた報道が多かった。

ポーランド戦が終わったときは
人々の記憶の中にはどちらかというと
「うーん」というネガティブな想いが
残ったかもしれない。

けれども、その次のベルギー戦では
そのネガティブな想いは塗り替えられたはず。

そして、そのまま「残念だったけど
よくやったよ!サムライブルー!」で
終わっている。

それは、自分がやろうとしていることにも
当てはまるのではないだろうか。

「あの人、失敗したんだね~」という記憶を
周囲の人に持たれたとしたら、
その記憶を塗り替えるように
また次のトライをすればいい。

トライしようとしていることは
何もラストチャンスじゃないのだから。

そう思えると少しは気がラクになる。

<お知らせ>

◆新サービスがスタート!
『編集者目線で強みと魅力を探り出す!
あなたのブランディング応援セッション』をスタートします!

【鹿児島】7/18(水)セルフマガジンの作り方集中講座+個別アドバイス開催!(満席御礼・増席後残席1)
詳細はこちら

【名古屋】9/9(日)セルフマガジンの作り方集中講座+個別アドバイス開催予定!
※7/31(火)までに6名以上集まれば開催決定します。
詳細はこちら。

【新大阪】9/11(火)セルフマガジンの作り方集中講座+個別アドバイス開催!(残席4)
詳細はこちら。

※リクエストがあれば各地で「セルフマガジンの作り方講座出張開催」します!
詳しくはこちら。

櫻木よしこセルフマガジン“Restart2”(無料)を読んでみたい方は、以下からお申込みください。

https://goo.gl/forms/FnaIS8OZe2TIhA5M2

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る