ブログ

作ったこともないのに「セルフマガジンは私には必要ない」と言えるのはなぜ?

自分のことや
自分がやっているサービスを
知ってもらう手段はいろいろある。

起業しているならば
ブログ、サイト、FACEBOOK、
インスタグラム、ツィッターなどが
その手段としてパっと思いつくだろうし、
実際にやっている人も多い。

では、アナログのツールは
どれだけ持っているだろうか?

多くの人が名刺は用意している。
それ以外は?

フライヤーや三つ折りパンフレットぐらい?

個人最強の営業ツール“セルフマガジン”を
用意している人はどれぐらいいるだろうか?
“セルフマガジン”って何?という方はこちら

セルフマガジンはまだまだその存在を知られていないので
誰かに手渡したときに、「え?」「すごい!」
という驚きをもって受け取ってもらえる。

それが自作だろうが、
プロに作ってもらったものであろうが
セルフマガジンを用意しているだけで
自分が真剣にやっていることをアピールできるというもの。

セルフマガジンを作ったら
想像もできないことが起こる。
個人差はあるだろうが、
作ったことがある人はそれぞれにエピソードがあるようだ。

その内容は様々だが
私の場合は以下のようなことが起きている。

・仕事の申し込みや問い合わせが増えた。
・会ったこともない人から声をかけられた。
セルフマガジンは人を介して
いろいろな方の手に渡るので
表紙に自分の顔を載せていると、
声をかけていただけるというパターン。
・FM番組に出演するきっかけとなった。
・講演会や講座の私の資料として急遽使うことができた。
・知人がマガジンをサロンに置きたいと言ってくださった。

作りもしないのに
「私にはセルフマガジンは必要ない」
という人がいるが
そう決めるのは早計すぎることだと思う。

それは一冊でも作ってから
判断することではないのだろうか?

もちろん、その一冊を適当に作ったなら
結果は残念なほうへ傾く可能性は大だけれども。

起業しているなら、
自分のサービスを知ってもらうために
やれるだけのことをやってみる。
それがそのサービスを必要としている人に届く手段ではないだろうか?

ワードやパワーポイントを使えるなら
自分で作ることもでき、
それ対応のネットプリントの会社もある。

もちろん、プロに頼むこともできる。

「なかなか仕事の依頼がなくて~」と
嘆きながら悶々としている2、3か月があるならその間にセルフマガジンは作れますよ!

<お知らせ>

【鹿児島】7/18(水)セルフマガジンの作り方集中講座+個別アドバイス開催!(満席御礼・増席後残席1)
詳細はこちら

【名古屋】9/9(日)セルフマガジンの作り方集中講座+個別アドバイス開催予定!
※7/31(火)までに6名以上集まれば開催決定します。
詳細はこちら。

【新大阪】9/11(火)セルフマガジンの作り方集中講座+個別アドバイス開催!(残席3)
詳細はこちら。

※リクエストがあれば各地で「セルフマガジンの作り方講座出張開催」します!
詳しくはこちら。

櫻木よしこセルフマガジン“Restart2”(無料)を読んでみたい方は、以下からお申込みください。

https://goo.gl/forms/FnaIS8OZe2TIhA5M2

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る