ブログ

「●●●を飲めば書道が上手くなる」を信じた9歳の自分の単純さが懐かしい。で、その結果は?

小学1年から6年まで書道を習っていた。
ある程度、習っているとそこそこ上手くなるもので
書道展やコンクールに出展するように。

あるとき、コンクールに出展するための特訓で
先生のお宅に友人とともに伺った小学3年生の夏。

扇風機の風で飛ばされそうになる紙を
文鎮で抑え、顔にじわっと汗をかきつつ
真面目に取り組んでいた。

途中、先生の奥さんが「休憩でもしたら?」とお茶を出してくださった。

お湯のみに入っていたので、
「あ~、暑いのに、温かい緑茶か~」と嘆いた私。
この場合、冷たいジュースを期待していたわけで。

仕方なく、ごくっと一口飲むと
初めて飲むその味に異常な違和感を覚え、
吐きだしそうに。

げっ、げっ、ゲロまずすぎるっ!!!

苦虫をかみつぶしたような
私達の顔を見た先生がひとこと。

「これを飲めば、習字が上手くなるんだよ」と。

「えぇっ? ほんとに? 
これを飲めばうまくなるのー?」と
半信半疑ながら、単純思考ゆえに
こみあげる吐き気をこらえつつ
私も友人も飲み干した。

自宅に帰り、まずすぎる飲み物を飲まされたことを家族に話す。

飲んだことがないから
その色とフレーバーを話すと、
どうやらそれは「昆布茶」というものだということが判明。

小学3年生に「昆布茶」は渋すぎるだろう。
いくらなんでも。
以降、私は大人になるまで「昆布茶」を飲めなかった。

どうにもあの味を理解できなかったからだ。

で、コンクールの結果はどうだったか?
見事、それまでの最高の「銀賞」という結果!

あれは「昆布茶」効果か、
はたまた私の実力か(笑)???

大人になった今、「書道が上手になるから
昆布茶を飲みなさい」と言われても
そうやすやすとは飲まないだろう。

あの頃の素直さと単純さがふと懐かしく思い出された。

【お知らせ】

【名古屋】9/9(日)セルフマガジンの作り方集中講座+個別アドバイス開催予定!
※7/31(火)までに6名以上集まれば開催決定します。
詳細はこちら。

【新大阪】9/11(火)セルフマガジンの作り方集中講座+個別アドバイス開催!(残席3)
詳細はこちら。

◆【岩手・大船渡】9/28(金)セルフブランディングプチアドバイス&セルフマガジン制作アドバイス@かさこ塾フエスタおおふなと

詳細はこちら。

◆リクエストがあれば各地で「セルフマガジンの作り方講座出張開催」します!
詳しくはこちら。

櫻木よしこセルフマガジン“Restart2”(無料)を読んでみたい方は、以下からお申込みください。

https://goo.gl/forms/FnaIS8OZe2TIhA5M2

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る