ブログ

他人にかまってる場合じゃなく、もっと自分をかまわないと。人生は有限なのだから。

時々、こういう状況をまわりで見かけたりしませんか?

「どうしてあの人と付き合っているのかな?
カモにされそうになってる」と思わしき
状況を見たりとか。

「利用されてるのにわからないのかな」
と思うようなことがあったり。

あることに関し、誰かの意見と自分のそれが違うと妙に気になったり。

私達は常に他人に関与したり
関与されたりして生きている。

そして余計なお節介を焼いたり、
焼かれたり。

しかし、自分がカモにされたからといって
再び、誰かが絶対にカモにされるかなんてわからないし。

傍から見たら「利用されてる」と見えても
本人が「利用されてる」と思わなければ
それでいいのでは?と。

自分と誰かが意見が違ったって
それはそれでいいじゃない?
誰に迷惑をかけるわけでもないし。

自分の体験や意見、やり方が100%正しいわけではない。

そこに立ち戻れると
そういう「老婆心」的なことを減らせる。

もちろん、犯罪的な匂いがする場合は
この限りではない。

私も忠告はする。

無関心になるというわけではなく、
自分の意見を言わないというわけでもなく、
ただ余計なお世話を控えようと思うだけだ。

そうすると、気持ちがラクになる。

余計なおせっかいを焼くと、
自分の気持ちもなんだか平穏でないときが多い。

「大丈夫かな?」等と考えてしまって。

つまりは自分がそういうことを考えられるほど
「ヒマ」なんだということにも気づく。

他人におせっかいを焼いて
頼りにされて自分の存在価値を実感する人もいるだろう。

もしくは自分の現状からの現実逃避。
他人をかまっているという「仕事」を
やっていれば、とにかく時間はつぶせるから。

他人にかまうことは
自分の時間を使っているということに気づこう。

もっと他にやること、
考えることがあるだろ、自分!

朝からご一緒に自分に喝を入れてみませんか?(笑)

<お知らせ>

◆【新大阪】6/19(火)セルフマガジンの作り方集中講座+個別アドバイス開催!(残席4)
詳細はこちら

【鹿児島】7/18(水)セルフマガジンの作り方集中講座+個別アドバイス開催!(残席1)
詳細はこちら

櫻木よしこセルフマガジン“Restart2”(無料)を読んでみたい方は、以下からお申込みください。

https://goo.gl/forms/FnaIS8OZe2TIhA5M2

デザイナーやイラストレーター、編集者を探している方は⇩

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る