ブログ

“お料理”と“セルフマガジン”の意外だけれども実はとても似ている件。

「作ったことがないけど作りたい!」
という料理があるとして。

そんなとき、あなたは何から準備するだろうか?

なんとなく、大きいお鍋?とか。

たぶん、玉ねぎ?とか。

いやいや、普通ならまずは“レシピ”を手に入れるだろう。

レシピには、
調理に必要とする時間
必要な食材と量
必要なキッチンツール
手順などが書いてある。

“レシピ”を手にいれれば、
その通りに作っていけばいい。

レシピがなくて、
他人から聞いた情報を
繋ぎ合わせて作ったり、
勘で作って失敗ということもままある。

自分で作るのは無理だと思えば、
レストランに行くなり、
ケータリングを頼めばいい。

セルフマガジン作りもそれと同じ。

何が必要かは、なんとなくうっすらとわかる。

しかし、作ったことがないのに
適当にやってしまい無駄なことをしてしまう人がなんと多いことか。

例えば、中身(ページ内容)が
何も決まっていないのに
写真撮影だけを先に済ませてしまう人。

いざ、セルフマガジンを作ろうとして
その写真が「使えない」ことに気づき再撮するハメに。
※ここでいう「使えない」とは、
マガジンで使うにはイマイチなもの、
内容にマッチしないものというような意。

または先に撮影した写真を無駄にしないために
「写真ありき」のデザインになってしまうハメに。

印刷の話をするならば、
1000部印刷しても
そんなに配布しないだろうと思い、
まずは500部印刷する人がいる。

しかしすぐに足りなくなって
増刷してしまうハメに。
しかし、500部と1000部の
印刷料金の違いは数千円。

1000部という数字に
ビビッてしまうのだろうけれども。
最初から1000部印刷しておくのにこしたことはないわけで。

自分が手を出したことがない、
経験したことがないものについての
一番の近道は、料理でいうところの“レシピ”を手にいれることだ。

または、お料理教室に行ってみること。

一度、まずい料理を作ってしまったら
そのイメージが定着して、
誰も次の料理を食べてくれない。

セルフマガジン作りが
そんなことにならないように
セルフマガジン作りの講座で“レシピ”を手にいれよう!

なんだか結果的に自分の講座の宣伝になってしまった(笑)

※以下、3都市での講座に加えて
リクエストがあれば各地で「出張開催」します!
詳しくはこちら。

【鹿児島】7/18(水)セルフマガジンの作り方集中講座+個別アドバイス開催!(残席1)
詳細はこちら
【名古屋】9/9(日)セルフマガジンの作り方集中講座+個別アドバイス開催予定!
※7/31(火)までに6名以上集まれば開催決定します。
詳細はこちら。

【新大阪】9/11(火)セルフマガジンの作り方集中講座+個別アドバイス開催!(残席4)
詳細はこちら。

櫻木よしこセルフマガジン“Restart2”(無料)を読んでみたい方は、以下からお申込みください。

https://goo.gl/forms/FnaIS8OZe2TIhA5M2

デザイナーやイラストレーター、編集者を探している方は⇩

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る