ブログ

「ウサギとカメ」で例えるなら、仕事に対するあなたのスタンスはどっち?

あの頃の私は「何か良い仕事はないかな?」
などとフラフラしていた。

フリーランスで仕事をしていながらも
4年ぐらい前まで
「これ!」という決め手がなく
自分の気持ちも満たされない日々を送っていた。

勧められるがままに人と会ったり、
いわゆる“ヒットするネタ”を探すべく
いろいろなところに顔を出したり。

でも、なーんにも見つからず。

あの頃の私の中には軸がなかった。

「こういうことをしたい!」というものが。

そして、どこか「一発逆転するぞ!」みたいな想いもあった。

アホすぎるーっ。

そういうぶれまくりの私が
人と会ったり、
なんとなくあちこち行ったりして
時間とお金を浪費しながら
“ヒットするネタ”を探してる間に

コツコツとやれることが他にあっただろうにと今思う。

ブログ書いたり、
講座をやったり、
イベントをやったり。

友人が何度となく
「あなたはブログを書いたほうがいいよ!」と勧めてくれた。
けれども、私は動かなかった。

しかし、今になって思う。

たったひとつのブログの記事が
毎日書けば1年で365記事になる。
毎月、講座をやれば1年で12回の実績となる。

自分にあれこれと迷いがあってもいいから
できることで動いていくこと。

動きながらでも軌道修正はできる。
「難しい」と思っているのは自分なだけで
案外できるものだと…。
これも経験から感じたこと。

そういうことをやっていく間に
トライ&エラーを繰り返し、
嬉しいことも失敗も様々な経験をする。

凹むこともあるけれども、
そこで歩みを止めようとは思わない。

少しずつ積み重ねてきたことが
背中を押してくれるから。

積み重ねてきたことが
ちょっぴりの自信になったり
予測できるようなことになったりもする。

“一足飛び”に何かをできることはあるかもしれない。
「自分ならできる!」と思っている人も多いだろう。

一足飛びにやろうと思う人は
タイミングを見計らいすぎて
結局「時」を逃してしまうこともままある。

いまかいまかとタイミングを見すぎて、数年経ったとか。

周囲を見渡せば、一足飛びにやった人は
いつの間にか消えていることも多い。

「ウサギとカメ」じゃないけれども、
そういうことなのかなと。

あまりノロノロでもだめだけどさ。

<お知らせ>

【鹿児島】7/18(水)セルフマガジンの作り方集中講座+個別アドバイス開催!(残席1)
詳細はこちら

櫻木よしこセルフマガジン“Restart2”(無料)を読んでみたい方は、以下からお申込みください。

https://goo.gl/forms/FnaIS8OZe2TIhA5M2

デザイナーやイラストレーター、編集者を探している方は⇩

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る