ブログ

あなたの言う“相談”とは、実は単なる“愚痴”の可能性はありませんか?

「ちょっと相談があるんだけど」と
言いながら、その話が愚痴だけで終わる人がいる。

そういうときいつも思うのだ。
だったら最初から相談なんて言わずに
愚痴を聞いてほしいと言えばいいのにと。

積極的に愚痴を聞きたいわけじゃないが
相談があると言われて結果的に愚痴で終わるなら
最初から「これは愚痴です」と言われたほうが
聞き手としては、気持ち的にマシっていう程度のことだけれども。

「相談がある」と言われると
聞き手は、話を真剣に聞いて
そのアドバイスを自分なりに必死に考える。

ゆえに「相談がある」というひとことは
とても重みのあるフレーズではないかと。

だからこそ簡単に使ってほしくないな~。

相手に聞いてほしい話が
「相談」なのか「愚痴」なのか
相手に聞いてもらう前にワンクッションおいて自分で考えよう。

愚痴は発展的なものは何も生み出さない。
でも、聞いてもらうことですっきりすることもある。

しかし、相談があると話を持ちかけて
結果的に愚痴になり、
しかも聞いてもらう相手を間違えると
あなたの信用を失うことにもなりかねない。

だから感情に任せて
「ちょっと相談に乗ってほしいんです!」っていうのはやめよう。

だって、それは「ちょっと愚痴を聞いてほしいんです!」という可能性大だから。

ましてや“時間泥棒”というレッテルを貼られてしまうことにもなりかねないのだから。

<櫻木よしこからのお知らせ>

【札幌市】かさこ塾フェスタ@5月19日(土)

●“セルフマガジン制作よろず相談”
●“セルフブランディングのプチアドバイス”
で出展しますので、お気軽においでください。
事前予約も受付中です。ご予約はこちら

開催日時 : 2018年5月19日(土)
10:00~18:00

開催場所 : ミライスト カフェ&キッチン
北海道札幌市中央区南3条西5-1-1
ノルベサ 1F

【東京・渋谷】5/24(木)セルフマガジンの作り方集中講座+個別アドバイス開催!

詳細はこちら

◆【新大阪】6/19(火)セルフマガジンの作り方集中講座+個別アドバイス開催予定!
(募集人数が集まり次第開催決定)詳細はこちら

櫻木よしこセルフマガジン“Restart2”(無料)を読んでみたい方は、以下からお申込みください。

https://goo.gl/forms/FnaIS8OZe2TIhA5M2

デザイナーやイラストレーター、編集者を探している方は⇩

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る