ブログ

【制作実績】依頼者の生活を垣間見たことが大きなヒントとなった立山由香マガジン制作秘話。

私自身アロマに詳しいわけではない。
だから、自分でアロマクラフトを作ったり
それを活用している人をうらやましく思っていた。

私もアロマオイルを使って
インフルエンザ予防や虫さされのブレンドオイルを作ってみたい。

インフルエンザの季節からそう感じていた私に
“元看護師・薬に頼らないアロマセラピスト”の
立山由香(たちやまゆか)さんから
セルフマガジン制作全面サポートの依頼をいただいた!

彼女が元看護師ということで
医療について、医学についての知識が豊富だということ。
それは彼女がやっている現在の仕事に大きくプラスだ。
しかしそこをこれまであまり打ち出してきていないように感じていた。

元看護師の彼女がアロマやハーブ、漢方、
いわゆる「植物の力を借りて不調を整える」という
テーマを掲げてるのはなぜか?

彼女の引き出しが多いため、
編集者として彼女をどう料理しようかと(笑)。

今回は撮影依頼もあり、
カメラマンを手配し、撮影のディレクションも担当することに。

その前に、一度彼女のサロンを訪れてみた。
そこに撮影だけでなく、
もっとマガジン内容をよりよくする
ヒントがあるような気がしたから。

ページを開いていただくとわかるのだが
自宅サロンにはハーブや季節のお花が植えられているガーデンがある。

立山さんのご主人がお休みごとにお手入れをされているのだそう。

夫婦で植物を育て、
ハーブを生活に取り入れている様子が見てとれた。

これをマガジンに入れこもう!

彼女の知識や情報だけでなく、
そこに夫婦の生活の様子も入れ込むことで
より彼女のことをわかっていただけるのではと思った次第。

お役立ち情報としては、
私のようなビギナー向けのブレンドオイルレシピページを設けた。

今回のデザインについては
扱う素材が「植物」ということもあり
文字間や行間に通常より少しスペースをとることを意識し、
色遣いも少し抑え気味に。
扱う内容を考えて揃える部分はきっちりと。
デザイナーは、感性豊かな職人・西溜美和さん!

表紙に立山さんを入れるかどうかは
彼女が人を相手にする個別相談や
セッションをやっていることもあり「入れる!」という前提。

で、私なりにスマホでいくつかの角度から
テスト撮影をしたときに「イケる!」と確信。

本番の撮影は自宅サロンの自然光が入る場所で、
彼女の服もすっきり感のある白シャツにしてもらった。

その際、表紙のどこにタイトルが入り、
それ以外のテキストをどこに入れるのかも
計算して撮影をしている。

私の頭の中にあるイメージを
そのままカメラマンとデザイナーに作りあげてもらったと思う。

元看護師という裏付けもありながらの
立山さんが展開するサービスは非常に説得力がある。

何かあるとすぐに病院へ行ってしまう。
市販の薬に頼ってしまう人は、
一度彼女の提供するサービスメニューを体験してほしい。

自己免疫力があるんだということを知る、
感じることができるから!

◆立山さんのセルフマガジン制作感想記事
立山さんのセルフマガジン希望の方は
記事内からお申込みください!
こちら

<お知らせ>

【東京・渋谷】5/24(木)セルフマガジンの作り方集中講座+個別アドバイス開催!
詳細はこちら

◆【新大阪】6/19(火)セルフマガジンの作り方集中講座+個別アドバイス開催予定!
(募集人数が集まり次第開催決定)詳細はこちら

【札幌市】かさこ塾フェスタ札幌”@5月19日(土)

“セルフマガジン制作よろず相談”で出展します(先行予約受付中)!
お問い合わせ・ご予約はこちら。

櫻木よしこセルフマガジン“Restart2”(無料)を読んでみたい方は、以下からお申込みください。

https://goo.gl/forms/FnaIS8OZe2TIhA5M2

デザイナーやイラストレーター、編集者を探している方は⇩

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

個人起業コンサルタント、編集者、上級終活カウンセラー。鹿児島市在住。
・最初の一歩が踏み出せない。 ・自分の強みがわからない。 ・ブログ記事に自信がない。 そういう悩みを抱える方をサポートしています。
編集者として培った「他者目線で売れるポイントを見ぬく」スキルをいかし、個人向けのブランディングコンサルティングやブログ講座、ブランディング講座を各地で開催(コンサルティングはオンラインでも実施中)。
個人起業家に役立つ集客ツール“セルフマガジン”制作もデザイナーと組んで制作を請け負う。
一方、人生の後半を有意義に過ごしたい、家族に迷惑をかけずに終焉を迎えたい方や、そういう方々をサポートする地方自治体や新聞社、葬儀社等に向けて、“終活の案内人”として講演・講座・執筆活動も行っている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る