ブログ

【制作実績】“スタイリッシュ”をテーマに写真の大小・写真点数に頭を悩ませたiPhone写真家・Setsukoマガジン

フォトブックのようなセルフマガジン。
そして、スタイリッシュな感じに。

というのが今回セルフマガジンを
制作依頼くださった
iPhone写真家・砂田節子さんからの
リクエストだった。
砂田さんは普段は薬剤師として仕事をしている方。

砂田さんの第一号は
デザイナーによる制作だったが
二号目である今回は編集者+デザイナーで
作ってみたいというご希望で!

それまでSNSで砂田さんの写真は
よく拝見していて、
特に砂田さんが撮る植物の写真に
よく「いいね!」を押している私。

そのままの雰囲気をできるだけ壊さず
マガジンに落とし込むにはどうしたら?

制作にあたり、以下のようなことをあれこれと考えた。

写真がメインだからといって
ただ写真を並べればいいわけじゃない。

写真がメインだから、
あまりごちゃごちゃとさせたくない。

写真を引き立たせるには?

8ページという限られたページ数の中で
どれだけの写真点数を入れられるか?

iPhoneで撮影した写真を
大きくしてもここまでイケるというのを見せるには?
写真の大小の緩急にも頭を使った。

写真をできるだけたくさん入れても
読む側にとって印象的な写真が
イメージとして残らなければ意味がないから。

そして、そこに文字をどう配置するか?
写真の邪魔にならないキャプション(写真の説明)の位置を考えた。

さらには読み手にも役立つ内容を入れたい。
きっと砂田さんのような写真を撮りたいと思う人がいるはずだ。
だから、砂田さんによる写真の撮り方の手ほどきページも入れ込むことに。

フォトブック的とはいえ、読む部分がなければ
あっという間に終わってしまう。
ストーリー性を持たせた文章とキャプションをどうするか?

今回のマガジンの編集・制作ポイントは
いろいろと入れ込みたいことはあるが
どこまでそぎ落とせるか?
何を入れて、何を捨てるかという部分だった。

編集者として非常に面白い題材を扱わせてもらったように思う。

そして、注目すべきは
表紙の写真に合わせて
デザイナーの西溜美和(通称:だまちゃん、だまりさん)さんが
タイトルの書体を作字してくれたこと。
いわゆる“ダマリ体”!

砂田さんの表紙写真と見事に雰囲気が合っている。

砂田さんの希望であった
「スタイリッシュ」という
“つかみはOK”な表紙になったのではと!

読んでみたいという方は以下の砂田さんのブログ記事からお申込みください!

セルフマガジン出来ました!編集者を入れたら…

<お知らせ>

【東京・渋谷】5/24(木)セルフマガジンの作り方集中講座+個別アドバイス開催!
詳細はこちら

◆【新大阪】6/19(火)セルフマガジンの作り方集中講座+個別アドバイス開催予定!
(募集人数が集まり次第開催決定)詳細はこちら

【札幌市】かさこ塾フェスタ札幌”@5月19日(土)

“セルフマガジン制作よろず相談”で出展します(先行予約受付中)!
お問い合わせ・ご予約はこちら。

櫻木よしこセルフマガジン“Restart2”(無料)を読んでみたい方は、以下からお申込みください。

https://goo.gl/forms/FnaIS8OZe2TIhA5M2

デザイナーやイラストレーター、編集者を探している方は⇩

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る