ブログ

“疑心暗鬼”になっている人に伝えたいたったひとつのシンプルなこと。

自分のことを誰かに何か言われてるんじゃないだろうか?
そう疑心暗鬼になることがある。

5年ほど前、私はある出来事により
疑心暗鬼の“鬼”と化した。

ある出来事とは
中心人物Aがいて、Aは自分を中心に
放射線状に人間関係を築いていた。

AとBは仲が良い。
AとCも仲が良い。
しかし、AはBとCを仲良くさせないように
BにはCの悪口を、
CにはBの悪口をという最悪なパターンを構築。
詳しくは→自分を中心とした“放射線状”交友関係を築こうとする人にご用心!

これはすべてが明るみになってから
Aが構築してきた人間関係がわかったのだが
結果的に私はAの一番の標的にされていて陥れられた。

私はそれまで数年の間、
Aのことを何も疑わず、むしろ慕ってきたというのに。

コトが発覚してから
私は外に出たくなかった。

Aが私についての嘘を吹聴してて
それを信じている人たちがいて
裏で何を言われているかわからないと。

あの人もこの人も私には言わないだけで
私のことを悪く思っているのかもしれない。
と、いろいろな妄想が膨らんで、
家にじっとしていればいるほど、妄想劇場は天井知らずとなった。

実際にあとから
「櫻木さんがまさかあんなことを言うとはって。
でも、Aの嘘が巧みすぎたよね。
そのときは信じてたもん」というのも耳にした。

他にも私への態度で
「あ、この人はAの嘘を信じているんだな」という人もいた。

でも妄想よりははるかに少なかった(当社調べ(笑))。

真実でない嘘はやがて風化する。
それはわかっていてもその当事者となったら
時が経つのが本当に遅く感じられる。

日々、「どうしてこんなことに?」
「私が何をしたというの?」ということに苛まれた。
Aのことが頭から離れなかった。
「名誉棄損で訴えてやる」ぐらいの憤りと
それを見抜けなかった自分への残念さと
いろいろな思いが入り混じった。

しかし、私はAへ反撃はしなかった。
怖かったわけでもなく、
ただそれをしたらAと同じレベルに成り下がると思ったから。

それだけは絶対にするまいと決めていた。

今、5年経ってあのときの疑心暗鬼だった自分に言いたいこと。

『世の中広いんだから、とっとと出歩け、このボケ!
どんだけ世界が狭いんじゃ。』

以上。

・・・・・・・・お知らせ・・・・・・・・

【東京・渋谷】5/24(木)セルフマガジンの作り方集中講座+個別アドバイス開催予定!
(募集人数が集まり次第開催決定)詳細はこちら

◆【新大阪】6/19(火)セルフマガジンの作り方集中講座+個別アドバイス開催予定!
(募集人数が集まり次第開催決定)詳細はこちら

【鹿児島市】“私のエンディングノート入門講座”を開催@2017年4月27日(金)
詳細はこちら。

【札幌市】かさこ塾フェスタ札幌”@5月19日(土)

“セルフマガジン制作よろず相談”で出展します(先行予約受付中)!
お問い合わせ・ご予約はこちら。

櫻木よしこセルフマガジン“Restart2”(無料)を読んでみたい方は、以下からお申込みください。

https://goo.gl/forms/FnaIS8OZe2TIhA5M2

デザイナーやイラストレーター、編集者を探している方は⇩

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る