ブログ

ディナーは一組だけの完全予約制フレンチはお料理も細部にまでこだわる贅沢さ@ターブル・ド・シック/鹿児島

鹿児島で編集者をしている友人の
強烈なおススメにより、年に3回の
ゴージャスディナー、今回はこのお店に。

その名も「Table de chic ターブル・ド・シック」。

ランチ2組・ディナー1組限定で営業する
完全予約制のフレンチの噂は
ずっと耳にしていたので気になっていた。

ようやくそのお店へ。

まずは、アミューズとしてキャビアがのった
冷製カッペリーニ・スペインのハモンセラーノ・
18か月熟成のコンテのカナッペ。
次のお料理への期待が高まるスターター!

仕上げにくるみのオイルをかけてある
“桜エビとベーコンのキッシュ”。
手でつまんで食べるキッシュは
桜エビの食感が絶妙で濃厚な一品。

“フォアグラのクリームブリュレ”は
喜界島の島ざらめでキャラメリゼ。
少しの甘さとまったりとしたフォアグラが
あいまって、「あー、もっと食べたい」と。

※4品目はなんと写真を撮影することを忘れて
しまうていたらく。
他のメンバーは鴨料理だったが、
鴨が苦手な私のために別で用意してくださった
“自家製スモークサーモンとアスパラのサラダ
仕立て”。
実は、もうこのひと皿が今回のメニューの
中で私的にはイチ押しだったのだが。
美味しそうな説明に撮影するのも忘れて手が先に伸びてしまったという(笑)

“春トマトのポタージュ バジル風味”
今から旬のトマトをふんだんに使い、
華やかな酸味が食欲をさらに煽ってくれる。

“桜鯛のポワレとムール貝 サフランソース
グリンピースとレタスの軽い煮込み添え”

まさしく春を感じさせてくれるお料理。
グリーンピースって鯛と合うんだなと
初めて思った一皿。

“仔羊のロースト ベアルネーズソース”
仔羊もクセがなく、温かいマヨネーズのような
ソースとの組み合わせが締めのお料理として
総仕上げをしてくれる。

“ココナッツのブランマンジェ 苺のシャーベット”
苺の酸味とブランマンジェはベストカップル
のような組み合わせ。

私の大好物の“カヌレ”!
写真は大きく見えるが実際はもう少し小ぶり。
やっぱりカヌレはこうでなくっちゃ。
というお手本のようなカヌレでございました!

プレゼンテーションが素晴らしい“桜のマカロン”。
上にちょこんとのっている桜の塩漬けが
とても良いアクセントに。

夜は一組だけの完全予約制だから
お料理も細かいところまで手が込んでいる。

そして、にこやかな笑顔でのサービスも
居心地の良さを演出してくれる。

自分たちだけの空間で心置きなく
いろいろな話をしつつ、お料理に舌鼓を打つ。

たまにはこういう贅沢なお食事の時間を持つのもいい。

Table de chic ターブル・ド・シック
鹿児島市東千石町4-29 2F
TEL/FAX 099-248-7954

月曜定休
ランチ11:30~15:00
ディナー18:00~22:30

料金 ランチ¥3,500 / ¥5,500のフルコース
(税別・ワンドリンク付)
ディナー¥6,000 / ¥8,000 / ¥10,000のフルコース
(税別・サービス料10%別途)

サイトはこちら

・・・・・・・・お知らせ・・・・・・・・

【東京・渋谷】5/24(木)セルフマガジンの作り方集中講座+個別アドバイス開催予定!
(募集人数が集まり次第開催決定)詳細はこちら

◆【新大阪】6/19(火)セルフマガジンの作り方集中講座+個別アドバイス開催予定!
(募集人数が集まり次第開催決定)詳細はこちら

【鹿児島市】“私のエンディングノート入門講座”を開催@2017年4月27日(金)
詳細はこちら。

【札幌市】かさこ塾フェスタ札幌”@5月19日(土)

“セルフマガジン制作よろず相談”で出展します(先行予約受付中)!
お問い合わせ・ご予約はこちら。

櫻木よしこセルフマガジン“Restart2”(無料)を読んでみたい方は、以下からお申込みください。

https://goo.gl/forms/FnaIS8OZe2TIhA5M2

デザイナーやイラストレーター、編集者を探している方は⇩

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る