ブログ

頼みもしないのに自分勝手に診断し、その内容を公開することが“暴力”でなくて何だろうか?

どうやら私は
「節約しててお金があって、
でも安いお菓子が好き」らしい。

昨日、私のFB友達が撮影した
私の飲み会での写真を
彼がFBにアップした際のこと。

その人のFB友達“A”が
私の写真を見て勝手に“顔診断”。
(私はAのことはまったく知らない)

その診断結果として
Aが勝手に全公開のFBコメント欄に
書いたのが冒頭のそれ(赤字部分)。

(その写真は残念ながら
女性としてはかなり不本意なものだったが、
私は「ま、いいか」と放置していた。)

“顔診断”はどうやら
“A”の仕事の一部のようだ。

私は見ず知らずの人からの
勝手な私に対する顔診断&全公開にかなり腹が立った!
その怒りポイントを5つ挙げてみる。

①それは完全なる“暴力”だからだ。

こちらが顔診断など頼みもしないのに
勝手に押し付け、
パーソナルエリアに
勝手にズカズカと踏み入って来た。

頼まれもしないのに
勝手に診断などし、
しかも公開することが暴力でなくて何だろうか?

そもそも私はAのことなど
まったく知らない。
デリカシーのなさにも腹が立った。
これは“もらい事故”だと思っている。

②プロ意識がまったくない人に
出会ってしまった腹立だしさを感じたからだ。

その人にお金を払って“顔診断”関連の
セッションを受けてる人もいるのにも関わらず、
私には無料で勝手に顔診断。

それをやるなら、
今まで有料でやってきた人たちに返金するべきでしょ。
しかもそれがハズレているから
目も当てられない。
残念すぎる。

③“顔診断”に対して
悪いイメージを持ってしまったからだ。

“顔診断”って、
直接対面でじっくりとやってくれるものじゃないの?

“顔診断”って
斜め下から煽ったような写真だけで
簡単にできるものなのね。

真面目に“顔診断”のお仕事に取り組んでいる人に対して失礼でしょう。

④それがめちゃくちゃハズレていたからだ。

なかなか節約できずにいる私(←これ悩み)。
しかも誰にも銀行残高見せられないほどだっての。

っていかほど?っていう
ツッコミはやめてね(笑)

で、ここからが大事!

私はデメルのチョコが好き。

マールブランシュ の
お濃茶フォンダンショコラが好き。

帝国ホテルのクッキーが好き。

クラブハリエのスイーツが好き。

源 吉兆庵の陸乃宝珠が好き。

舟和のあん玉が好き。

とらやの夜の梅が好き。

カファレルのチョコが好き。

ほか、もろもろ~。
※こういう高いお菓子が
大好きでいつでも受付中!

⑤私とAの間にいる共通の友達が
Aの失礼さに気づかなかったからだ。

あえて余計なコメントはしない。
感覚的なものだとも思うから。

勝手に顔診断し
勝手なコメントを書いたAのノリに
私がついていけなくて結構。

「そういうのは求めていません」
という私のコメントにしつこく絡んできて、
挙げ句の果てには
「よしこさんが偏●かも」
っていうことまで書かれた。
※おそらく「偏屈」という意味か?

そういう人とお付き合いする気は
そもそもない。

私はそういう勝手な顔診断を
ありがたいなんてこれっぽっちも思わない。
それ以上に“もらい事故”だから
慰謝料を請求したいぐらいだ。

自分の気持ちをなあなあで納めることができるならそれでいいだろう。

しかし、そうでない場合は
「イヤなものはイヤ」
「不快なことは不快」だと表明する。

それがそういう勘違いの輩を撲滅する
ほんのちっちゃな反撃だと思うから。

追記:顔診断は「顔診断アプリ」を利用するからほっといてね~。

・・・・お知らせ・・・・・・・

櫻木よしこセルフマガジン“Restart2”(無料)を読んでみたい方は、以下からお申込みください。

https://goo.gl/forms/FnaIS8OZe2TIhA5M2

デザイナーやイラストレーター、編集者を探している方は⇩

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

個人起業コンサルタント、編集者、上級終活カウンセラー。鹿児島市在住。
・最初の一歩が踏み出せない。 ・自分の強みがわからない。 ・ブログ記事に自信がない。 そういう悩みを抱える方をサポートしています。
編集者として培った「他者目線で売れるポイントを見ぬく」スキルをいかし、個人向けのブランディングコンサルティングやブログ講座、ブランディング講座を各地で開催(コンサルティングはオンラインでも実施中)。
個人起業家に役立つ集客ツール“セルフマガジン”制作もデザイナーと組んで制作を請け負う。
一方、人生の後半を有意義に過ごしたい、家族に迷惑をかけずに終焉を迎えたい方や、そういう方々をサポートする地方自治体や新聞社、葬儀社等に向けて、“終活の案内人”として講演・講座・執筆活動も行っている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る