ブログ

「何か気づいたことがあったら遠慮なく言ってね」というセリフを真に受けて玉砕した話。

「何か気づいたことがあったら遠慮なく言ってね」というセリフを時々耳にする。

多くの人が言われたこと、言ったことがあるのではないだろうか?

これを言われたときに、それが本心なのか、何かのついでなのか正直よくわからないことがある。

あるとき、私は私よりかなり年上の方からこのセリフを言われたことがあった。

その方が新しくサイトを開設したときのこと。

私はサイトを見て、「あれ? これはマズいぞ」と思う部分があった。

これを言うか言うまいか。

けっこう逡巡した。

正直“ネコの首に鈴をつける”的な心境で恐れつつも、それをお伝えしてみた。

すると、やはりというべきか、一瞬、ぶすーっとされてしまった。
そして「そんなことないと思うけど」という冷たい返答。

「あ~あ、真に受けてヤッちゃったよ」と思いつつも、後悔はなかった。

私はただ「何か気づいたことがあったら遠慮なく言ってね」を信じて、それを行動に移した。

サイトを訪れた人にとって、より親切なサイトであるようにと思ってのこと。

しかし、やはり少しだけ気落ちしたのは事実。

だから、「何か気づいたことがあったら遠慮なく言ってね」は何も考えずに口にしてはならない。

言われたときに、ぶすーっとぶーたれてしまう自分を想像できるなら言うべきではない。

真に受けて私みたいに玉砕する被害者が出てしまうから(笑)

・・・・・・・・お知らせ・・・・・・・・

【鹿児島市】“私のエンディングノート入門講座”を開催予定@2017年4月27日(金)
詳細はこちら。

【札幌市】かさこ塾フェスタ札幌”@5月19日(土)

“セルフマガジン制作よろず相談”で出展します(先行予約受付中)!
お問い合わせ・ご予約はこちら。

櫻木よしこセルフマガジン“Restart2”(無料)を読んでみたい方は、以下からお申込みください。

https://goo.gl/forms/FnaIS8OZe2TIhA5M2

デザイナーやイラストレーター、編集者を探している方は⇩

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る