ブログ

物事がうまくいかないときはヤケにならずどこかにサインがないか目を見開こう。

胡散臭い話の一種になるかもしれないので、そういうのが苦手な人はスルーを。

県外に滞在中、ある神社(A神社)に行こうとしていた。
一瞬、同じ地方にある以前二度ほど訪れたことのある別の神社、B神社が脳裏に浮かんだ。

けれども今回は時間がないし、B神社は以前お参りさせていただいているので、「今回はA神社へ行こう」と車を走らせた。

A神社をナビに設定し、高速に乗ろうとするけれども、いけどもいけどもなかなか高速の入口までたどり着けない。

そういう状況になって初めて「あれ? なんだかおかしい、おかしすぎる。もしかして…」と思った矢先に、道路脇に「B神社」の看板が。

「あー、そういうことか」と思った私は、車をとめてもらい、方向転換しB神社へ行くことにした。

「今回はB神社へ行かずして、A神社へ行こうとしたことがよくないんだ」と判断し、とにかくB神社へ向かうと何の問題もなくB神社へ到着。

スルーしようとしたことを深くお詫びし、お参りさせていただいた。

そのあと、ナビに当初の目的地であるA神社を設定し車を走らせると、高速に乗らずともかなりスムーズにA神社へと到着した。

このことと同じではないが、何かを進めようとするときに難航する場合は、一度頭を冷やしてみるのが良いと改めて。

一旦休憩して周囲を見渡すと、目に入るものが何かしらのメッセージやヒントになっていることもあるかもしれない。

・・・・お知らせ・・・・・・・

櫻木よしこセルフマガジン“Restart2”(無料配布)を読んでみたい方は、以下からお申込みください。

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る