ブログ

未経験のことを大々的にやろうとするからそれなりの勇気がいる。まずは“足元デビュー”からで良いのでは?

誰しも自分にできることがいくつかはあって、「それは仕事にならない」「ニーズもないだろう」と思っている人が多い。

できることは例えば、得意なことだったり、趣味だったり、他の人よりは上手にできることだったり。
また、長年の経験を生かせないか? ということだったり。

そして、頭の中で様々なシミュレーションを繰り返すのだが、答えが出ずに考えることをあきらめてしまう。
答えは出ないに決まっているよな~と改めて思う。

だって、性別、年齢、居住地、性格、家族構成、学歴、経歴など、自分と同じ人はいないから。

せめて似たようなケースはないだろうか?と必死にネットで検索しても、参考になる例はあまりない。

一番ひっかかるのは、それをセッションや講座としてワークショップとして告知したときに、集客できるかな? お金に結びつくかな? という部分ではないだろうか。

集客については、自分がその経験もなく、始めたばかりの素人なら大人数を見込めるわけがない。
おちついて考えればわかること。

一人でも参加してくだされば、まずは御の字ではなかろうか?
もちろんそれまでに自分が作り上げてきた人脈や別の実績があれば話は別だが。

お金に結びつくかどうかは、料金設定を含む内容次第。
参加者が喜んでくださり、ファンになってくだされば口コミで広がっていく。
その繰り返しなのだと思う。

大々的に打ち出そうとするから、自分も大それた覚悟や勇気がいることになる。

ちょっと周囲に声をかけてみて、まずは無料でやってみることから始めれば自分も経験が積めて度胸もついていく。

「どの段階で有料にすればいいの?」という声が聞こえそうだが、それはやっていくうちにそういうタイミングがやってくるから心配する必要はない。

若干の実績があるなら、低料金でのスタートでも良いだろう。

自分が持ち合わせているスキルや能力、経験をどうやってそれを必要としている人に届けられるか?

その飛距離を伸ばすには、まずは近い距離から試してみよう。

ということで、櫻木よしこに「こういうサービスをやってほしい!」というリクエストがありましたら、お気軽にメールやメッセージをお寄せください!

・・・・お知らせ・・・・・・・

◆「私のエンディングノート講座」は、リクエストベースで開催します!詳しくはこちら

櫻木よしこセルフマガジン“Restart2”(無料)を読んでみたい方は、以下からお申込みください。

https://goo.gl/forms/FnaIS8OZe2TIhA5M2

デザイナーやイラストレーター、編集者を探している方は⇩

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る