ブログ

悩みや考え事が頭から離れないときに試してほしい簡単な思考の切り替え方

何かしら悩みがあったり、問題を抱えたりしているとき、そのことがずっと頭の中を支配し続けることがある。

そんなとき、たまたま食事会があったとする。

以前の私は、食事会に参加しながらも頭の中はその悩みでいっぱいのときがよくあった。
誰といても、何をしていてもそのことが頭から離れない。

しかし、最近、「食事会の2時間、私がそのことで悩み続けても事態が改善するわけじゃないんだから、食事会の間は食事や会話を楽しもう」と思うようになった。

それでも、思考からその悩みを短時間でもはずすことができない場合はどうするか?

強制的にできる方法をひとつご紹介しよう。

それは、“前屈をする”こと。

体が硬い人、柔軟体操をしなれていない人にとっては、前屈をすると膝の裏あたりの筋が突っ張って痛みが走るだろう。
その「痛みに集中する」ということがとても大事。
数秒間、痛みに集中すると、思考には「痛い」ということしかない。

このことは、私がプラーナヨガを習っている先生が「痛みに集中する」ということで教えてくださっている。

これは良い切り替えだといつも思う。
特に悩みがないときにでも、人間は何かしらいつも考え事をしているわけだから、起きている間、脳は休む暇がない。
そういう状態からまったく別の方向へ切り替えをするというのは、ほんの短時間でも脳のリフレッシュになると感じている。

前屈以外で私がやっているのは、料理のときに「玉ねぎをいかに薄くスライスできるか」「どこまでみじん切りを細かくできるか」というようなことに集中すること。

悩みや考え事にずーっととらわれている人は、このように簡単にできる思考の切り替えをぜひ。
それは何も難しいことではなく、上述したようなことですぐにできることだから。

短時間リフレッシュで、すっきりした頭でまた悩みや考え事に取り組もう!

・・・・お知らせ・・・・・・・

櫻木よしこセルフマガジン“Restart2”(無料)を読んでみたい方は、以下からお申込みください。

https://goo.gl/forms/FnaIS8OZe2TIhA5M2

デザイナーやイラストレーター、編集者を探している方は⇩

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る