ブログ

郡山で「セルフマガジンの作り方」講座を開催するきっかけは、好きな格好をしたたった一枚の写真。

話は昨年の10月初旬にさかのぼる。

元来、私はかぶりものが好きなのだが、その日東京でお会いしたばかりの占いコーチングカウンセラーのグロリアさんがかぶっていらしたピンクの帽子とメガネに心強く惹かれ、早速お借りしてつけてみた(その時の写真がコレ⇧)。

楽しくなって調子こいてるところをインナーチャイルドカードセラピストのラファエラさんかさこさん(好きを仕事にする大人塾塾長)とのツーショットを撮影し、FACEBOOKへアップ。

するとそこに占術家兼天珠アクセサリー作家ほうげつさんからの以下のコメントがつき、それがそのあとの展開の大きな「鍵」となった。

ほうげつさん:「ちょっと 鳥羽 昭子 (鳥羽昭子)とばっちに似ているかも^^」

え? “とばっち”って誰?

私と似てる“とばっち”?

すると、タグづけされた“とばっち”がすぐにそこのコメント欄に現れて…。

そして、私はそこからひと月もしない間に、“とばっち”と初めて大阪で出会うことになる。

↑めがねをかけたとばっちがピンクフレームのめがねをかけた私と似ているようで。

このとばっちは、現在、福島県・郡山市在住。パステルアーティストAkoとして活躍し、非常に多才な人物だ。

そしてまた、とばっちは非常に気さくな人で、初めて会うのに初めてではないような会話がすぐにスタートし、あれよあれよという間にその場で「よっちゃん! 郡山でセルフマガジン講座をやってよ」という話に。

郡山? たぶん福島県、そしてたぶん東北エリア(に分類される?!)。
地図上ですぐに郡山を指し示すことはできないが、「うん、わかった!郡山でやる!」ということになった。
私の住む鹿児島から郡山までどうやって行くんだろう???

そんなこんなのスタートで、本日、郡山で「セルフマガジンの作り方講座&個別アドバイス」を開催する運びとなった。
とばっちのすばらしい協力体制とサービス精神旺盛さで、初の東北入りが心強いものとなった。

好きな帽子とめがねをつけて撮影してもらい、FBにアップされたところに、ほうげつさんが「とばっちと似てる」とコメントを。
これがなければ、「セルフマガジンの作り方講座」初の東北開催はありえなかった。

好きなことはやってみるに限る!
まさか、まさかこんな展開になろうとは、あのとき誰も想像だにしなかったのだから。

グロリアさん、ラファエラさん、ほうげつさん、かさこさん、そしてとばっち!
どうもありがとうございます!

東北でお会いする皆さん、本日はどうぞよろしくお願いいたします。

・・・・お知らせ・・・・・・・

◆2018年1月24日(水)セルフマガジンの作り方講座&個別アドバイス@福島県・郡山を開催します!

◆鹿児島かさこ塾4期募集中です。詳しくはこちら。

櫻木よしこセルフマガジン“Restart2”(無料)を読んでみたい方は、以下からお申込みください。

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る