ブログ

自分にとっての第三者目線がわからない時にとるたったひとつの行動。

個人最強の営業ツール「セルフマガジン」を作るときに、作る本人がドツボにはまっていることがある。

それは、自分のいる世界に入り込みすぎて、当たり前すぎて、第三者目線をまったく想像できないということ。

自分の仕事の何が特徴なのか?

自分の仕事のどういう部分に他人は興味を持つのだろうか?

例えば編集者の私の場合、よく尋ねられるのが「どうやって編集者になったのか?」ということ。

それは他人から質問されて初めて気づいたことだった。

私が編集者になったいきさつなんて誰も興味がないだろうし、そもそもそういう質問をされるなんて思ってもみなかった。

編集者になるのに免許や資格は不要。
しかし、想像もしなかった流れで私は編集者になった。
そのときの話はこちら

意外にも「そんなことを知りたいんだ?」というようなことが、他人にとっては知りたいことだったりする。

それでも想像ができなければ、自分の仕事をあまり知らない人と話をしてみることだ。
お互いの仕事の話の交換でもいいだろう。

自分の職業や提供するサービス、または自分が仕事をしている業界のどういうところに他人は興味を持つのか?

「セルフマガジンの作り方の個別アドバイス」はこれらの相談にのることがかなり多い。
その人のウリと、そこから読者へ提供できることは何か?
ということを提案し、ともに模索する。

これは雑誌作りの根本で一番楽しい部分でもあるのだ。

だって、自分が考えた企画を自分のマガジンにするわけだから。

なので、しかめっ面をして「うーん」と考えこまずに、外へ出ていって誰かと話しをしてみよう。
「私」という素材を料理するネタを探しに!

■櫻木よしこが提供するセルフマガジン関連サービスはこちら

・・・・お知らせ・・・・・・・

◆鹿児島かさこ塾4期募集中です。詳しくはこちら。

櫻木よしこセルフマガジン“Restart2”(無料)を読んでみたい方は、以下からお申込みください。

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る