ブログ

自分が正しいと信じる“目に見えない世界”のことを他人に押し付けていませんか?

目に見えない世界のお話は、何が正しくて、何が間違いなのか絶対的な正しい答えはないといつも思う。

例えば、よく言われるのが神社でお参りするときのこと。

①「神前では自分の名前と住所を名乗ってからお参りするように」という説がある。
そうでないと神様はいちいちあなたのことはわからないのだからと。

②神様は万能なんだから、いちいち名乗る必要はないという説。

このどちらかが正しくて、どちらかが間違いなのか?

それともどちらも正しくて、どちらも間違いなのか?

これは、誰からこういう話を聞くかでも大きく分かれると思う。
自分が信じる人から①を聞いたら、それがあなたの中での定説となる。それはそれでいいと思う。

しかし、それを他人に押し付ける必要はない。
ときにそういうことを「こっちが正しいんだから」「そんなことも知らないの?」と押し付け気味にくる人がいる。
「あなたは神様から直接聞いたのか?」と言いたくなるぐらいに。

それを他人が理解しなかった、理解しようとしなかったとしてもそれにいちいち目くじらたてて力説する必要はどこにもなし。

自分が信じる人の言葉を信じればそれでいい。
自分が信じる、例えば能力者が日本一だと思うならそれでいい。
それであなたの心が穏やかになるならそれで。

目に見えない世界のお話は、個々の感性にも依るところが大きいと感じる。

押し付け、押し付けられるものではない。

・・・・今後の予定・・・・・・・

◆2018年1月23日(火)セルフマガジンの作り方講座&個別アドバイス@東京を開催します!

◆2018年1月24日(水)セルフマガジンの作り方講座&個別アドバイス@福島県・郡山を開催します!

櫻木よしこセルフマガジン“Restart2”(無料)を読んでみたい方は、以下からお申込みください。

https://goo.gl/forms/FnaIS8OZe2TIhA5M2

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る