ブログ

海外に憧れていた私だけれども、同一人種が大挙して日本へやってくるとなんとも複雑な感覚にとらわれる。

シドニーで仕事をしていた頃、私は“人種のるつぼ”と言われるオーストラリアで生活するのがとても気楽だった。

多種多様な人種の中で、私が日本人だろうが韓国人だろうが気にする人はいないし、電車でとなりにレバノン人が座っていようが私もどうでもよかった。

というよりもそういうごちゃまぜな人種の中で暮らすのが快適だった。

様々な人種がいるから、それぞれが語る英語にも当然クセがあった。
だからこそ、人々は相手の言うことを聞きとろうと耳をかたむけるし、「お互いさま」というところもあってそういうコミュニケーションの取り方を私も好んでいた。

あの頃、「早く日本にもどんどん外国人が入ってきて、コスモポリタンな感じになったらいいのに」と若気の至りでそう思っていた。

そうして、月日はながれ、私が住むここ鹿児島の繁華街、天文館には中国人が観光でわんさかと押し寄せるように。

ともすれば、中国人の団体がそこら中を占拠し、その中を通り抜けるとき、私は「ここ、どこ?」っていう感覚にとらわれる。
うっすらと「怖さ」すら感じてしまうほどだ。

東京のような首都圏ならいざ知らず、スタバやタリーズでもすぐとなりに中国人のおばちゃんたちが大きな声で会話を繰り広げている。

私が望んだのはこういう感じだったか?

いやいやそうじゃない。

一国独占という感じじゃないんだよな~。

中国人がけっこうな割合を占め、英語よりも中国語を学んだほうがいいのでは?と思ってしまうほど。

この昨今の変化を見るにつけ、私が憧れた海外はむこうからやってきてくれる(例えば、この場合中国)けれども、自国だからなのかこの半端ない押し寄せ感に脅威を抱いてしまう。

“ほど良い”感じってなかなか難しいものだな。

・・・・お知らせ・・・・・・・

◆2018年1月23日(火)セルフマガジンの作り方講座&個別アドバイス@東京を開催します!

◆2018年1月24日(水)セルフマガジンの作り方講座&個別アドバイス@福島県・郡山を開催します!

◆鹿児島かさこ塾4期募集中です。詳しくはこちら。

櫻木よしこセルフマガジン“Restart2”(無料)を読んでみたい方は、以下からお申込みください。

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る