ブログ

人生を変える“きっかけ”は待っていてもやってこない。自らつかみに行かなくては!

起業しているといろいろなことでドツボにハマりがちだ。
自分なりにやってはいるけれども、これでいいのか悪いのかがよくわからない。
または今ひとつぱっとしない。

イベントや講座を一人で運営するのは苦手で、誰かと一緒じゃないと勇気がない。

自分ができることはあるけれども(いろいろな資格を持っている、高いスキルを持っている)、それをどうやって生かせばいいかわからない。

そういう、他人には推し量れない悩みを持つ人は多い。

かくいう私も何を突破口にすればいいのか? どこから攻めていけばいいのかわからない一人だった。
しかし、2年前にひとつのきっかけを得た。
それが“好きを仕事にする大人塾・かさこ塾”の塾長、かさこさんとの出会いだった。
出会いについてはこちら

2年前の2月にかさこ塾鹿児島1期が、そしてこれまでに3期までがここ鹿児島で開催され、現在トータルで49名が卒業している。
(現在、かさこ塾生は全国に現在1300人以上いる)

私がかさこ塾で学んでよかったことは5つ。

①発信する(ブログやFB,顔写真入り名刺・セルフマガジン制作)大切さを実感できた
②他人の目を気にせずどんどん動けるようになった
③自分の強味を知り、もっとやりたいことをやっていいと思えた
④塾長・かさこさんがいつも前を行く姿をみて刺激をもらえ、発奮できる
⑤自分と同じ思いや悩みを持つ塾生仲間(県内・県外含む)と知り合えた

これはあくまでも私の場合なので、塾生になれば誰にでも当てはまるわけではないと思う。

現在、鹿児島でかさこ塾4期を募集しているが、本拠地・鹿児島に塾生仲間が増えていくのは嬉しい限り。
だって、かさこマガジンを知人・友人に配っていた2年前は「かさこって誰?」状態だったから(笑)
知る人は周囲に誰もいなかった。
しかし、この2年の間、鹿児島で塾が3回開催され、塾生たちがSNSによって発信することにより、少しずつその名前を知られているようになっている。

かさこ塾生の発信を見て「あの人が楽しそうにしているから」「あの人のビジネスがうまくいっているようだから」という理由で入塾を申し込むのももちろんアリ。

でも、楽しそうにしているのは本人が動いているからであって、ビジネスがうまくいっているのは本人の努力があるからであって、かさこ塾に入ったからだけではない

私にとって“かさこ塾”は、自分の足を意識して歩きだす大きな“きっかけ”だった。
かさこ塾をどう利用するかは自分次第。
かさこ塾という場所へ、自分が必要な餌をとりに行くという前のめりな感じがちょうどいいのかもと思ったりもする。

前もって言うが、「どうして私のことを見てくれないのー?」的な自意識過剰のかまってちゃんには向かない(笑)

かさこ塾ではかさこさんからもだが、塾生たちからも学べることも多い。
望んでいた出会いが見つかることもある。

世の中にはいろいろなビジネス塾があり、どこを選ぶかは自分自身。
“かさこ塾”は、自分の人生をリスタートさせるきっかけになりうる塾のひとつだと思う。

かさこ塾鹿児島4期の募集はこちら

◆「かさこさん・かさこ塾」関連のことをけっこうブログに書いているので、よろしければご参照ください。
ブログ記事はこちら

・・・・今後の予定・・・・・・・

◆2018年1月23日(火)セルフマガジンの作り方講座&個別アドバイス@東京を開催します!

◆2018年1月24日(水)セルフマガジンの作り方講座&個別アドバイス@福島県・郡山を開催します!

櫻木よしこセルフマガジン“Restart2”(無料)を読んでみたい方は、以下からお申込みください。

https://goo.gl/forms/FnaIS8OZe2TIhA5M2

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る