ブログ

ランチをオーダーすれば着物レンタルと着付けが無料の太っ腹なサービスを提供する和楽カフェ@福島・郡山

日本人でありながら、私が着物を着たのはなんと8年ぶりのこと。
何かがないと着物を着ることはないからなのだが、先日伺った福島の郡山で何もないけど着物を楽しめるチャンスに恵まれた。

というより、そういう機会を提供してるお店に案内してもらえた。
それは着物の無料貸出と無料着付けサービスを行なっている「和楽カフェ」。

簡単にいうと、ここでランチをいただけば、タダで着物をレンタルできて着付けてもらえるということ。
しかもお食事したあとは、そのままの格好で外出しても良いという面白いサービスだ。

ちなみにらンチはこちら。
(メインを選べるが、この日はまぐろのほほ肉をチョイス。プラスデザートで1260円)

数ある着物の中(袴なども含む)から自分の好みの着物や帯を選び、着付けていただいた。

着付けられながら、ふだんいかに自分がゆる〜い格好をしているかを認識(笑)
そして、数本の紐を使い着ていくさまに、昔の人は大変だっただろうなとちょっと思いをはせたり。

そんなこんなで8年ぶりの和装に背筋がピンとなる。
若干コルセットをつけているような感覚を覚えながら食事したり、動いたりすると普段とは違う立ち居振る舞いが強いられる。

こういうことは和装でなければトレーニングはできないというか、着慣れていないとそういう所作は身につかないと実感。

日本人として恥ずかしいということではないが、ただ着るものひとつで日常では体感しないことをあれこれと感じ、考えた。

民族衣装の着物は、ちゃんと意味があっての仕立や着方になっている。
だから、たまに着物を着てみるというのは、自分のなかの日本人としてのアイデンティティを確かめる面白さに出合える。

6時間ぐらい着物姿で過ごし、慣れてきたかなという頃に終了。

何かがないと着物は着ないということではなく、着物を着てすごす時間は本当に新鮮だった。

次は袴を着たいなと名残惜しくこのカフェをあとにした。

写真モデルならびにアテンドしてくださったのは、パステルアーティストのとばっちこと鳥羽昭子さん

和楽カフェ
福島県郡山市新屋敷2丁目111-2
090-4882-6787
営業時間: 11:00〜18:00
日曜日休み

・・・お知らせ・・・・・・・

◆鹿児島かさこ塾4期募集中です。詳しくはこちら。

櫻木よしこセルフマガジン“Restart2”(無料)を読んでみたい方は、以下からお申込みください。

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る