ブログ

「何がやりたいかわからないんだよね~」と他人に答えを求め続ける愚行にいい加減気づきましょう。

「何がやりたいかわからないんだよね~」とよく口にする人がいる。

それを聞いた他人が「じゃあ、こういうことやってみたら?」とアドバイスする。
しかし、言われた本人にとってそれがピンとこなければ即却下。

で、また「何がやりたいかわからないんだよね~」と、周囲に対して口にし続ける。

自分が満足する答えは自分しか知らないのに、いつまでも他人に尋ね続けるっておかしくない?

他人がアドバイスしてくれたことをある一定期間試してみて、それでも無理そうならまた他人に意見を仰げばいいものを。
何もやらずして、「うーん、それって無理そうだし」「いまいちっぽいし」ってことで即却下。

何かをコツコツやり続けるって地味なことだし、一見、こういうことやってて結果が出るの?と思わなくもない。
でも、やり続けることをやったことがないのであれば、トライする価値はあると私は思う。
その中で何か発見があるかもしれないし、思わぬ形で仕事の問い合わせがきたり、自分がきづかなかった自分のクセなどもわかるかもしれないから。

私にとって、毎日、ブログを書くことはそのひとつだ。

他人からのアドバイスは、第三者目線のアドバイスだということ。

あなたを客観的に見て、あなたができそうなこと、あなたがやったら良さそうなことを教えてもらえる貴重な機会だ。
(もちろん、あなたから見ていい加減だったり、特に実績もないような人からのアドバイスは別として)

それが貴重なことだとは思わずに、ないがしろにして、再び「誰か私に教えて~」ばかり言うのは単なる“かまってちゃん”と“他人の時間泥棒”。

私はそういう人を見るにつけ、自分はそれと似たようなことを口にしていないか?と我がふりを顧みる。
そして、そういう人から距離を置くのだ。

だって、かまってちゃんにかまう30分を私は自分のことを考える30分に使いたいから。

・・・・今後の予定・・・・・・・

◆2018年1月23日(火)セルフマガジンの作り方講座&個別アドバイス@東京を開催します!

◆2018年1月24日(水)セルフマガジンの作り方講座&個別アドバイス@福島県・郡山を開催します!

櫻木よしこセルフマガジン“Restart2”(無料)を読んでみたい方は、以下からお申込みください。

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る