ブログ

資産家だからではなく、自分の死後、財産をどうしたいのか。そのために“遺言書”は必要。

先日会った友人が「父がどうやら“遺言書”の準備をしているみたいなんだよね」と言った。
3人兄姉の末っ子である友人は、お母さんが亡くなり、現在お父さんと二人暮らし。
お父さんもお元気ではいらっしゃるが、友人がなにくれとなくお父さんのお世話をしているのは話から見てとれる。

他の兄姉は別に世帯を構えているので、同居する友人ほどお父さんの面倒を見ているわけではない。
そこでお父さんが財産等をこの友人に多めに残したいと思うのは、当然のなりゆきだろう。
もし“遺言書”がなければ、お父さんが残す財産を子供3人で法定相続通りに分けることになる。

終活の講座で“遺言書”の話をすると「うちはそんなに財産がないから」というような発言もみられ、だから“遺言書”は関係ないと言わんばかりの方もけっこう多い。
しかし、財産が多額にある・なしに関係なく、「特定の誰かに多めに財産を残したい」という気持ちがあれば“遺言書”を作ることは大事なこと。
口約束は所詮それだけのことで、何の法律的な効力はないのだから。

自分の意思を実現させたいのであれば“遺言書”は必要になる。

“遺言書”は、自分一人でつくる「自筆証書遺言」、そして公証人がとりまとめる「公正証書遺言」の2種類がある。

前者は費用がかからないメリットがあるが、書式等の不備で無効になってしまう可能性も。
後者は費用はかかるものの、確実なものと言える。

“遺言書”を残す側の想いを確実なものにするために、残された側が揉めなくて済むように、“遺言書”はあったほうが良いものだと友人の話を聞きながら再度思った。

※例えば、親が残した“遺言書”により、子どもが財産をもらえなかった場合、“遺留分”という法定相続における一定の割合を請求することが可能。

・・・<今後の予定>・・・・・・・

◆2017年12月14日(木)セルフマガジンの作り方講座&個別アドバイス@北九州・小倉を開催します!

日時:2017年12月14日(木)
①セルフマガジン制作講座 13:30-15:30
②個別制作アドバイス 16:00-18:00
場所:ひらの整形外科クリニック3階多目的ホール
住所:福岡県北九州市小倉北区熊本1-4-6
定員:18名
受講費:6000円(税込)
<お申込み方法>
講座詳細ならびに申し込みはこちら

◆2017年12月15日(金)セルフマガジンの作り方個別アドバイス@名古屋かさこ塾交流会
日程:2017年12月15日(金)
時間:14:00~16:00の間
料金:3000円(20分)
<お申込み方法>
※予約を希望する方は、希望開始時間とともに「櫻木よしこ」メッセンジャーからの個人メッセージまたはメールをお願いします。
(お友達になってない方もお気軽にどうぞ)

◆2017年12月16日(土)セルフマガジンの作り方個別アドバイス@名古屋市内
詳しくはこちら

◆2018年1月24日(水)セルフマガジンの作り方講座&個別アドバイス@福島県・郡山を開催します!

日時:2018年1月24日(水)
①セルフマガジン制作講座 13:30-15:30
②個別制作アドバイス 16:00-18:40
場所:中央公民館 第6講義室
住所:麓山一丁目8-4
交通:最寄のバス停/郡山駅11番線「郡山図書館」下車徒歩3分
定員:20名
受講費:6000円(税込)
<お申込み方法>
講座詳細ならびに申し込みはこちら

櫻木よしこセルフマガジン“Restart2”(無料)を読んでみたい方は、以下からお申込みください。

https://goo.gl/forms/FnaIS8OZe2TIhA5M2

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。

最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る