ブログ

メニュー選びのときに苦手な食べ物を申請するのは“マイナス”なのか?

私はチキンが苦手だ。

高校生ぐらいまでは食べていたと思うが、ある出来事が原因で食べられなくなった。
というより、食べる気がしなくなった。
もっと根本的なことをいえば、ニワトリが怖い、鳥自体が怖い…と怖い連鎖は続く(笑)。

問題はそこではない。
私は食事の席でのメニュー選びの際、「実はチキンが苦手なんです」と口にする。
そうすると、「実は私も」「私も苦手」と声をあげる人達がいる。

そして、後で「櫻木さんが言ってくれてよかった~。自分だけだと言いづらくて」とお礼を言われる場合もある。
変じゃない?
自分で言えば?といつも思う。

「チキンが苦手なんです」と言っても、メニュー選びの際に却下される可能性だってある。
有無を言わさず、食事にチキンが出てくる場合だってある。

そういうとき、私はぶつくさ言うわけではない。
ただ、そのときはチキンが好きな人に私の分をあげる、またはおかずの一皿であるチキンを食べないだけのこと。

要は、メニュー選びのときに好き嫌いを言えるときは、しっかりと自分の嫌いなもの、苦手なものを言おうよってこと。
嫌いなものがたくさんあるときは言いづらいだろうけれども、ひとつぐらいだったらダメ元で言ってみれば?と。

好きなものを言う人は多いが、嫌いなものを言う人は少ない。
嫌いなものを言うことはマイナスなのか?
それは高所恐怖症とか閉所恐怖症とかと同じような、ひとつの自分の特性っていうだけで、それを伝えるだけのことなのだと思うけれども。

いつも私が「チキンが苦手」と言っているせいか、今では友人たちも覚えてくれている。
コースを予約するときは「一名、チキンが苦手な人がいる」とお店に伝えてくれる。
ありがたくも心優しき友人たちだ。

たまに「じゃあ、焼き鳥屋は行かないんですね?」という人もいるが、
「焼き鳥屋」にはチキン串だけではなく、他のメニューもあるから、まったく問題なし。

これから忘新年会も多い季節。
苦手なものは苦手だとちゃんと言おう。
人頼みではなく、自分の意見として。
幼稚園生じゃないんだから。

言ってみると、周囲の反応って意外とたいしたことないことが多い。
「そうなんだね~。じゃあ、それをはずそうか」ってね。

・・・・・・今後の予定・・・・・・・

◆2017年12月14日(木)セルフマガジンの作り方講座&個別アドバイス@北九州・小倉を開催します!

◆2017年12月15日(金)セルフマガジンの作り方個別アドバイス@名古屋かさこ塾交流会
日程:2017年12月15日(金)
時間:14:00~16:00の間
料金:3000円(20分)
<お申込み方法>
※予約を希望する方は、希望開始時間とともに「櫻木よしこ」メッセンジャーからの個人メッセージまたはメールをお願いします。
(お友達になってない方もお気軽にどうぞ)

◆2017年12月16日(土)セルフマガジンの作り方個別アドバイス@名古屋市内

◆2018年1月24日(水)セルフマガジンの作り方講座&個別アドバイス@福島県・郡山を開催します!

櫻木よしこセルフマガジン“Restart2”(無料)を読んでみたい方は、以下からお申込みください。

https://goo.gl/forms/FnaIS8OZe2TIhA5M2

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。

最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る