ブログ

『よっちゃんのひとことお悩み相談の小部屋』に寄せられた相談ごとTOP3!

誕生日記念ということで、昨日『誕生日ふれあい企画! よっちゃんのひとことお悩み相談の小部屋』というのをFACEBOOK上で開催。

そこで同じような質問が複数寄せられたので、ここでその3つをご紹介し、それについて私なりの見解を改めて書いてみたいと思う。
昨日の私の回答は「笑い」と「ガチ」を織り交ぜてましたが(笑)

①“安定感”を出すにはどうしたらいいのか?

これはやはり見た目もかなり大きいと思われる。
私を見ておわかりだと思うが、決して痩せていない。痩せたことがない(変な自慢)。
痩せているより、太めなほうが見た目の安定感はどうしても出てしまう。
なので、安定感を出すためにはちょっと増量するのがいいのではないだろうか???

この件については、自分ではわかりづらかったので、近しい人にちょっと聞いてみた。
すると、「あまりベラベラとしゃべらないからかな?」と。
「声が低めだから?」「ヘラヘラして見えないから?」など、あまり参考にならない感じ(笑)。

①文章を書くのが苦手、文章力を磨くには?

まず、洗練された文章を最初から書こうとしないこと。
本を読むこと。
数稽古だと思い、とにかくブログでも何でも文章を書き続けること。

この3つがポイントだろう。

かっこいい文章を書こうとかまえると、いわゆる「筆がすすまない」現象に陥るのでまずは思うままに書いてみること。
そして、一度書いた記事を何度か推敲して手直ししながら、整えていく。

書くことを生業にしていないのにある程度の文章が書けるとしたら、それまでにけっこうな読書を続けている人。
文章のリズムや言いまわしを長年の読書量で身に付けている人が多い。

文章を書くのも習い事と同じで、最初から上手な人はいないのだから数をこなすに限る。

③ユーモアのセンスをどうやって身につければ?
実はこの質問はとても嬉しい質問だった!
少なくとも数名の方にユーモアのある人に思われているという。
しかし、これは回答に悩む質問でもある(笑)

小さい頃から「サプライズ」的なことが好きで、それは今もあまり変わらないように思う。
若干、遺伝子も関係してるだろうと自己分析。

「面白い」「笑える」ネタをみつけたら、すぐに誰かとシェアしたくなる性分で、ある一定レベル以上のことをシェアするときに、相手がどこまで許容してくれるかを観察している自分がいる。
落ち着いて振り返ると小さい頃からそういうことを積み重ねてきているような。

どこまでエグいことを言っていいのか?
人はどういうレベルまで受け入れてくれるのか?
逆にどういうことはダメなのか?
といったようなことを無意識に試してきてるのかもしれない。

なので、まずは身近な笑いのネタを他人にふって様子を見るってところからかな?

遊び要素も多分に含んだ企画に質問・相談を寄せてくださった皆様、どうもありがとうございました!
私にとってはこのやりとりが、とても嬉しい誕生日プレゼントになりました。
また、やってみたい企画のひとつです!

・・・・・・今後の予定・・・・・・・

◆2017年12月14日(木)セルフマガジンの作り方講座&個別アドバイス@北九州・小倉を開催します!

◆2017年12月15日(金)セルフマガジンの作り方個別アドバイス@名古屋かさこ塾交流会
日程:2017年12月15日(金)
時間:14:00~16:00の間
料金:3000円(20分)
<お申込み方法>
※予約を希望する方は、希望開始時間とともに「櫻木よしこ」メッセンジャーからの個人メッセージまたはメールをお願いします。
(お友達になってない方もお気軽にどうぞ)

◆2017年12月16日(土)セルフマガジンの作り方個別アドバイス@名古屋市内

◆2018年1月23日(火)セルフマガジンの作り方講座&個別アドバイス@東京を開催します!

◆2018年1月24日(水)セルフマガジンの作り方講座&個別アドバイス@福島県・郡山を開催します!

櫻木よしこセルフマガジン“Restart2”(無料)を読んでみたい方は、以下からお申込みください。

https://goo.gl/forms/FnaIS8OZe2TIhA5M2

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る