ブログ

SNSとリアルな私の間にあるギャップを埋めるひとつの方法(私の場合)

photo by かさこさん

「好きなことをやって自分を知ってもらうってこういうことか」と腑に落ちたこの写真。
私は以前ブログにも書いたが、かぶりものの類が好きだ。帽子やサングラス、顔出し看板などそういうのが目に入るとすぐにやるタイプ。
この日、会場に入ってきた占いコーチングカウンセラーのグロリアさんの目を引く格好もさることながら、彼女の帽子とメガネに私は釘づけになっていた。
「あぁ、あれを被ってみたい」と(笑)。

で、交流会で私の斜め前に座ったグロリアさんにお尋ねするとご快諾いただき、写真撮影となった。
帽子を被り、このピンクのメガネをかけて後ろを振り返ったとき、そこにいた人たちが「おぉっ!」となった。
そして、FACEBOOKでその写真が公開されると、「意外」「新しい一面」というようなコメントが多かった。

私にとってこれは意外ではなく、当たり前のことで小さい頃からやっていたこと。
私をよく知る人は知っているが、そうでない人にはどうやら新鮮らしいということがわかった。
「こういうことをやりそうにない人」に見えているんだろうな。

で、気づいた。そっか、私、こういう自分の一面も出せばいいんだ。
意識して出していなかったわけではないが、出すことを忘れていた。というか、当たり前すぎて気にもとめなかった。
「貫禄がある」だの「怖そう」だのと人は勝手に(私にとっては)不本意なことを言ってくれるが(笑)、そういう部分を払拭すべく私個人の企業努力を怠っていたということにも今さらながら気づいた。

SNSでの私とリアルな私はギャップがあると、これまでもそして今回の東京滞在でも多くの人に言われた。
そのギャップを良しとする人もいるだろう。
そのままでもいいのかもしれないが、自分がまだSNSに見せていなかった部分を出していくことでそのギャップを埋めていけるならそのほうがいい。
だって、「櫻木さんは怖そうだから」と声もかけてもらえないことのほうが悲しいから…。
ちなみに私の中での「怖い人」定義は、“か弱そうに見せておいてネコなで声で語るけれども、その実そうではない人”(←どうでもいい意見)。

ってことで、私、怖くないですから(笑)。

・・・<今後の予定>・・・・・・・

◆2017年10月28日(土) かさこ塾フェスタ大阪に“セルフマガジン制作アドバイス”で出展します!

日時 2017年10月28日(土)10:00-18:00
会場 淡路町 AAホール 1F,2F
大阪市中央区淡路町3-2-9
事前予約はこちらをクリックしてお申し込みください
フェスタ詳細は⇒こちら

櫻木よしこセルフマガジン“Restart2”(無料)を読んでみたい方は、以下からお申込みください。

https://goo.gl/forms/FnaIS8OZe2TIhA5M2

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る