ブログ

誰にも教えたくないけど教えてしまおう“秘密のハーブ園”:大神(おおが)ファーム@大分県日出町

念願叶って、この“大神(おおが)ファーム”のゲートに足を一歩踏み入れると、そこから空気感が違うのがわかった。
日本じゃないような別世界。
ハーブや花の香りがうっすらと漂って、肌感覚として異次元にきたような感じがした。

一緒にセルフマガジン制作をしているグラフィックデザイナーの西溜美和さんがインスタで紹介するそのファームの世界を見ながら、いつしか私もそのとりことなり、「絶対に行きたい!」と思うようになっていった。

大分県・日出町にあるこのファームのことを大分出身の夫や家族にきいても、誰も知らなかったので不思議に思っていた。
そしてその知る人ぞ知るのファームをついに訪れた私。

文章で語るより写真でその世界を少しでも感じていただければ。

あまり小屋から出てこない、りくがめのトーティー(♀)がお出迎え。

季節の良い時期にこういう場所でお茶しながら読書でもしたい。

「自家製おおがランチ」 1500円

ハーブ園のグリーンサラダ、季節のスープ、自家製パン2種、フレッシュハーブティーつきの人気のランチ。
予約すれば2200円で入園料、上記ランチにウエルカムドリンクとスイーツも付きます。
こちらのガーデンでとれたハーブや野菜を使ったお料理に舌鼓を!

パンももちろんここで焼かれたもの。

4種のメインから私が選んだパスタはこのファームで収穫されたトマトから作られた味わい深いトマトソースがまろやか。

このスペースではキャンドル制作のワークショップなども開催されるそう。

これから大きくなるラベンダー。

がっつり1日、いやできれば2泊ほどしたい(残念ながら宿泊施設はない)と思えるゆったりとしたくなる場所。

“ターシャ・テューダー”の世界だったり、おとぎ話の世界だったり、ときにスペイン、フランス、イギリスの田舎ってこんな感じ?と想像できるのがこのファームの魅力。

かっちりとお手入れされたというよりも自然にのびやかに植物が呼吸をしていると感じられるから、自分もそこで存分に手足を伸ばし深呼吸ができる、そんなファーム。

大分へ行くならここをぜひコースの一部に!
私もまた別の季節に時間をとってゆっくりと訪れたい。

★大神(おおが)ファーム
大分県速見郡日出町大神6025番地の1
TEL 0977-73-0012 FAX 0977-73-0045
開園時間 9:00~17:00
(レストランとショップは10時から)
休園日:火曜日 / 4月~5月の間は無休
(火曜日が祝日の場合は営業)
おおがファームのサイトはこちら。

・・・<今後の予定>・・・・・・・

◆2017年10月28日(土) かさこ塾フェスタ大阪に“セルフマガジン制作アドバイス”で出展します!(残席4)

日時 2017年10月28日(土)10:00-18:00
会場 淡路町 AAホール 1F,2F
大阪市中央区淡路町3-2-9
事前予約はこちらをクリックしてお申し込みください
フェスタ詳細は⇒こちら

◆2017年11月22日(水)読まれるブログの書き方講座@鹿児島を開催します!

日程:2017年11月22日(水)
時間:14:00-16:00 (開場13:50)
場所:ルミエル2F
住所:鹿児島県 鹿児島市鹿児島市東千石町17-3
定員:15名
受講費:5000円(税込)
<お申込み方法>

「題名」は「鹿児島ブログ講座申し込み」とし、お名前、参加人数、連絡先を明記してください。
ブログ講座申し込みはこちらから
または、yoshikoskrg@gmail.comまでご連絡ください。

講座詳細はこちら

櫻木よしこセルフマガジン“Restart2”(無料)を読んでみたい方は、以下からお申込みください。

https://goo.gl/forms/FnaIS8OZe2TIhA5M2

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る