ブログ

「動く」とは何も大きな動きだけを意味するのではなく、亀のような歩み、それも「動く」ということ。

「ブログを書いているからこそ知らない人から感想がもらえて。そしてセルフマガジンを作ったからこそほしい方に送ることができて…そこで予想もしなかった繋がりができていくんですよね。大きな動きや進歩じゃないけど、でも、少しずつでも動いているからだなと思って…」。
そう語ったのは認知症介護家族アドバイザー松元佳子さん

「私もセルフマガジンがあることで、取材を受けたりという動きが出てきて…」と語ったのは、鉱物ソムリエ西内まこさん

昨日、この二人と語る機会があったのだが、それぞれに仕事も違うし、家族環境も違う。
共通するのは“好きを仕事にする大人塾 かさこ塾”の塾生だということだけ。

そこで学んだことを少しでも実践すること、「亀の歩みでもいいからやろう!」という想いを持つ仲間がいることは本当に心強い。

動こうとすると目の前にやらなければならない別のことが押し寄せてきて、それをこなすことに追われる日々もある。

今は押し寄せることがなくても、だからこそ2、3か月前を見すえて今できることをやろうと必死に考えるときもある。

このバイオリズムの波にのっかりながら、大変なときに「あ~無理だ~。仕事のことは手をつけられない~」とすべてを投げやりに手放すのか、「いやいや、これだけはとりあえずちょっとでもいいからやろう」と小さな歩みを進めるか。
結果を早く求めすぎたらこの歩みはじれったいかもしれない。
しかし、1年前の自分と今の自分は確実に違っているはずだ。

お金を出して塾で学んだことは何だったのか?

自分は動けていないなと思うなら、塾で学んだことを振り返って、できそうなことからやってみるというのもひとつの手段。

“命”という自分が持つ時間の流れと自分の動きの流れは比例しているか?

もう追いつけないほどに時間だけが経過してるのではないか?

動けば、ちょっとでも動けば発見があり、思いがけない出会いがあり、想像すらできなかった出来事が起きる。
それがこの2年間私が実感してきたことであり、同じく塾生仲間が体感していることでもある。

だから、とにかく動いてみようよ。「へ?」っていうことが起きたりするから。

・・・<今後の予定>・・・・・・・

◆2017年10月28日(土) かさこ塾フェスタ大阪に“セルフマガジン制作アドバイス”で出展します!

日時 2017年10月28日(土)10:00-18:00
会場 淡路町 AAホール 1F,2F
大阪市中央区淡路町3-2-9
事前予約はこちらをクリックしてお申し込みください
フェスタ詳細は⇒こちら

櫻木よしこセルフマガジン“Restart2”(無料)を読んでみたい方は、以下からお申込みください。

https://goo.gl/forms/FnaIS8OZe2TIhA5M2

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。

最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る