ブログ

自分を中心とした“放射線状”交友関係を築こうとする人にご用心!

この画像にあるように、自分(A)を中心として「1対1」での交友関係は築くが、
その隣同士の交友関係を故意に築かせない人がいる。
例えば、BさんにはCさんの悪口を言い、
CさんにはBさんの悪口を言う。

そうなると、BさんとCさんはお互いをよく知らないままに、
お互いに対してあまりよくないイメージを持つから親しくなろうともしない。
いつもAは「A⇔C」「A⇔B」という関係が保たれる状況を良しとする。

以前、この手の輩にひっかかったことがある。

私をCとすると、今では友人となったBさんは私の悪口を中心人物のAからさんざん聞かされていた。
私もBさんの悪口をAから聞かされていて、
Bさんと私はお互いに「そんなに悪い人には見えないんだけどな?」という印象をいただきつつも、
必要以上に仲良くすることはなかった。

そんなとき、実は私が聞かされていたBさんの悪口も
Bさんが聞かされていた私の悪口もすべてがAの作り話だったことが発覚。
“あることないこと”ではなく、“ないこと”ばかりだった。

しかもAが私についた嘘がきっかけで、
すべてが暴露されていき、
オセロの黒が一気に白に変わったかのような状況となった。
まさかそこまでの嘘をつく人が世の中にいるなんて…と驚き、私は人生で初めて人間不信に陥った。

Aからの情報を鵜呑みにしていた私もバカだった。
Bさんを見て、「そんなに悪い人かな?そうでもないような気がするけど…」
という自分の勘を信じればよかったのに、
Aを信用しすぎていたのか、とんでもないことになっていった。

Aはすべてを自分の手中におさめて、人間関係をコントロールしたかったのだろう。
各個人とは良い関係を構築していたから誰も最初はAのことを疑わなかった。
しかし、Aはコントロールしたいがゆえに嘘をつきまくり、
本人のなかでつきすぎた嘘がやがて本人の中でだけで勝手な“事実”になっていったのかもしれない。

あなたの周囲にそういう人はいませんか?
一見、そういう人には見えないのがトラップです(笑)
自分はそういうことにはひっかからないと思っている人ほどやられます。
実に巧妙ですから…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆セルフマガジン制作サポートメニューのご紹介
http://sakuragiyoshiko.com/service/selfmagazine/

◆櫻木よしこセルフマガジン“Restart2”(無料)を読んでみたい方は、以下からお申込みください。

https://goo.gl/forms/FnaIS8OZe2TIhA5M2

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る