ブログ

例えば親の終末期、“回復の見込みがなくなった場合”について、家族で語りあったことがありますか?(終活@鹿児島)

私はかなり前からそのことについて親の意向は聞いており、
親も折に触れ、そのことを念押しするように私たち子供に伝えてくれている。

しかし、果たしていざそのときがきたらどうなるのだろうと
自分の気持ちを思うと心がざわつくが、そのことについて親と語ることはとても大事なこと。

昨日、地元の南日本新聞でそれについて5000人を対象に(うち約半数が回答)したアンケート結果が掲載されていた。

◆「“回復の見込みがない状態になった場合”(※)について家族との話し合い」
※受けたい医療や受けたくない医療について。

-まったく話し合っていないが61.1%
-一応話し合っているが33.3%
-詳しく話し合っているが3.9%

<鹿児島県保健医療意識調査2017年より>

この結果が公表された昨日は折よく、
鹿児島市の錦江台校区女性学級の皆様のお招きで“終活入門講座”をさせていただいた。

30人を超す参加者の皆様に「延命措置を希望するか、否か」の問いに対しては、ほぼ100%に近い方が否だった。
では、「その意向を家族に伝えているか?」との問いに対して、挙手の数がほんの数名と極端に減った。

そのうちに…と思いつつ、自分の意向を家族に伝えていない現実。
そして、家族の一員としてそのことを親に尋ねていない現実。

そのうちっていつなんだろう?
判断を迫られたとき、本人の意向を知っているのと知らないのとでは自分の気持ちも判断基準も大きく異なってくる。

あまり考えたくはないことかもしれないが、
いざ、そのときになって後悔するのは伝えなかった自分、伝えてもらっていなかった自分だ。

そういう人たちがひとりでも少なくなるように私は終活についてこれからも語り続ける。

鹿児島市の錦江台校区女性学級の皆様、前のめりな姿勢でお話を聴いてくださりありがとうございました!

追記:今回、講座のお話をくださったご担当者になぜ私に連絡をくださったのか?を尋ねてみた。
「インターネットであれこれと検索しているときに、
櫻木さんのホームページを見つけて、講座等をされていることがわかり連絡しました」とのこと。
ブログ書いてて、サイトを作っていてよかった!と思った出来事。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【今後のお知らせ】

8月18日(金)セルフマガジン制作スタートアップ講座@鹿児島

13:30-15:30
FACEBOOK⇒詳細・お申込み
Facebookをしていない方は「鹿児島セルフマガジン講座希望」という件名で
お名前、電話番号、参加人数を明記のうえ、以下からお申込みください。
お申込み⇒こちら

◆櫻木よしこセルフマガジン“Restart2”(無料)を読んでみたい方は、以下からお申込みください。

https://goo.gl/forms/FnaIS8OZe2TIhA5M2

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。

最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る